読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリエモン ゼロ

本日はついに今月中に転勤する今治に家探しに来た。っても前泊なので、実際家探しをするのは明日だ。今治の感想はまた明日書こうと思うのだが、あぁほんとにここで暮らすのかとまだ実感がわかない。


ついでに会社の都合で家探しは車を使わないように指示されていた為、電車で来た。多分奈良から5、6時間は掛かった。その間暇なので、ホリエモンの新書を読んだ。

ゼロ。なかなか心動かされた。私はホリエモンのメルマガを登録してるし、まぁ情報として真新しい事はあまり無かったんだけど、凄く読みやすかったし、メンタルの部分で励みになった。


ホリエモンと私では世代も全然違うし、私はただの一介のサラリーマンなので、大きな事は言えない。ただ、共感っていうか、同じ考えだなって思えた事がほとんどだった。


例えば、①未来の事はあまり考えないで今やりたい事に没頭する。

私もあんまり10年後どうなりたいとか先の事は考えないで生きている。そもそも、そんな先まで生きていられるかわからないし、やりたい事があるなら10年後じゃなくても今やればいいじゃんと思うからだ。10年後から逆算して期限を決めてってのが一般的にデキル人の要素なのかもしれないけど、期限やなりたいイメージにこだわりすぎて融通が効かなくなるリスクもある。


②最大の親孝行は自立する事。これはまさにその通りだと思う。ずっと実家暮らしで、地元で働きたいが為にそんなにやりたくない仕事を続けてる人とか見てると何が楽しいんだろって思ってしまう。自分にもし子供ができても、自分で考え行動し、その結果のリスクを自分で負う事を一番重要視する
だろう。


③お金は貰うものではなく稼ぐもの。要はお金を貰う為に働くのは人生どうなのって事。これに関しては、自分もそうだし、会社で関わって来た人もそうなんだけど、自分の会社は自分で言うのも何だけどちゃんと目的意識を持って自主的に働いている人が大半だ。これは凄い幸せな事で、他の会社の人は知らないけど、自分の会社の社員の大半が常に現場や仕組みを変えたいって思ってる所は自慢したい。


私は今の仕事が一番やりたい仕事ではない。でも、今の会社がほんとにいい会社だからなかなか色んな決心がつかないでいる。


上記内容のように、ホリエモンの考え方はとても共感できるのに、やはり実際私の人生は正直パッとしていない。それは実行力の差だと自覚している。


夢ややりたい事がないなんて嘘、自信が無いだけ。そう、私にはまだまだ色んな自信が足りない。だから、この転勤を期にとにかくやりたい事は全部やってみようと考えている。そして、次の転勤時には色々な決断ができるかな。


そんなちょっと背中を押してもらえる一冊。素直な表現で読みやすいし、お勧です。