選抜高校野球出場校決定

今年の春の選抜高校野球の出場校が決まった。まだ大会は先だけど、少しずつ春の足音が聞こえてきた。

高校野球は好きだ。毎年必ず甲子園まで見に行くし、予選も見に行くこともある。私立の伝統校から公立の新鋭校まで、様々な特徴を持ったチームが一球一球に全てをかける姿はかっこいいし、感動する。

それに、甲子園には本当に魔物が住んでいて、様々なドラマが起こる。この間の高校サッカーの決勝も劇的だったが、これが最後かもしれないという必死な気持ちが信じられないような奇跡を生む。


さて、今回の出場校だがやはり地元から選抜出場校が出るのはひとまず嬉しい。選抜は夏と違い各県の代表が出るわけではないからだ。私は奈良出身なので、智弁学園をまず応援したい。

今年の智弁はなんと言っても四番の岡本。全国トップクラスのスラッガーであり、奈良にここまでの打者がいたことは記憶に無い。近畿大会でもほとんど勝負してもらえなかった。私も昨年の夏の予選でTVで見たのだが、雰囲気が凄い。素人目にも本物だとわかった。全国ではさすがに勝負してもらえるだろうから、注目だ。

岡本を中心とした強打が売りだが、全国では例年なかなか打てない。やはり投手、特にエースの尾田が上位進出の鍵となるだろう。

智弁以外の近畿勢にもやはり親近感がある。全国的にかなりフレッシュな顔ぶれとなったが、近畿勢は21世紀枠の海南以外は強豪ばかりの選出。近年、大阪桐蔭以外元気が無い近畿勢も頑張ってほしい。


そして、現在の我が家のすぐ近くにある今治西も応援したい。愛媛は本当に激戦区であの安楽のいる済美を押さえて出てくるんだから実力は間違いない。今治旋風を全国で巻き起こしてほしい。


近年、所謂強豪校と呼ばれるチームが勝ち進めなくなってきた。また、東北等の以前は弱いとされてきた地域がメキメキと力をつけ、どこが優勝してもおかしくない。だからこそ、面白いし、春が待ち遠しい。