橋下市長辞職 民意の反映はあるのか

大阪の橋下市長が辞職を表明した。理由は大阪都構想の議論が公明党の裏切りにより進まなくなったという事である。橋下氏は辞職後、再選の為に選挙をやるという。これに対し、世論、マスコミ様々な批評が飛び交っている。


私としても、このやり方には賛否両論といった感じである。まず、大阪都構想自体には私は賛成だし、橋下氏が政治に顔を出してから基本的に私は彼のやろうとした事は理解できた。全国の人にはあまり見えないかもしれないが、大阪は確かに財政的に厳しい状況であり、改革が必要であった。東京の次の都市と呼べるような魅力も無くなって来て、人情や伝統が賛美され現実の厳しさを直視していなかった。橋下氏でなければここまで思い切った案は出てこなかっただろうことは確かだ。橋下氏の政策はビジネスの観点から見れば至極当然で、競争原理に基づくものばかりだった。特に、教育に対する政策や市鉄の民営化等は何としても実現してほしい事だ。


それと同時に、大阪の政治家やマスコミがまぁ保守的な事もこの数年浮き彫りになった。橋下氏は常に他の保守的な政治家やマスコミと戦い続けてきた。ほんとに常に。そんな中、常に支えてきたのが、大阪市民の人気である。

あの水道橋博士たかじんの番組を降板した時も、きっかけとなったのは世間を賑わした慰安婦発言に対し、関西のマスコミ、コメンテーターがこぞってバッシングするなか、大阪のアンケートでは大多数が発言に問題は無かったという結果になった事だった。


さて、今回の公明党の裏切りについては表面上は大阪都構想に関する見解の相違だ。橋下氏は早く進めたい、他勢力は色々な視点から時間をかけ進めたい。

一見、今回橋下氏側は事を焦っているようにも見えるが、実際は恐らく違う。この数年、大阪を見てきた関西人からすれば、そもそも、公明党や他勢力は大阪都構想などやる気はないのである。だから、いつまで経っても議論が進まない状況に橋下氏は思い切った策に出た。


気持ちはわからないではないが、この選挙、橋下氏は勝っても負けてもあまり良い影響が期待できない。何故なら、大阪都構想の是非が争点ではないと発言しているからだ。じゃ、何のためにやんのか。

イマイチ目的がはっきりしない。これじゃ、堺で敗れ、東国原氏が離党し、勢いを無くして来た維新の会のイメージにさらに追い討ちをかけかねない。それとも、勢いが無くなって来たからこそ、市民の民意を確かめたいのか。


恐らく、どんな形であれ橋下氏の再選は固い。が、周りからしたらヒステリーを起こして、自己満足で選挙をしたようにしか見えない。バリューのある対抗馬が現れれば盛り上がるかもしれないが。

私は橋下氏には任期までしっかり政策を実現してほしかった。それには、議会での孤立をなんとかしなければならないと私は思う。敵ばかりではいくら市民から指示を得ても話が進まない。橋下氏がその辺をこれからうまくやってくれるよう期待したが、今回の行動は余計他勢力との溝を深めるだけだ。残念である。


とはいえ、やはり橋下氏以外に大阪を改革できる人はいない。どうかやけになって匙を投げないでほしい。少なくとも、民意が橋下氏を支持する限りは。