モバゲーって課金しなくても楽しめる??

http://gamebiz.jp/?p=127592

昨年ぐらいから、パズドラ等のいわゆるモバゲーが流行し、私の周りでもそういったものにハマる人が確かにいた。しかし、私はそもそもゲームは大画面でしたいし、携帯の電池切れるし、どうせ課金しないと体験版みたいなのしかできないしつまらないんだろう、等の理由でモバゲーには手を出してこなかった。一度、モバゲーブームに乗ろうと、ベクターの株を買い損した事はある。

しかし、中島聡さんのメルマガでたまたま見つけたこのニュースによると、有料課金してる人はユーザーのたった1.5%で、ほんとにごく一部のヘビーユーザーが課金しまくる事によって、収益が賄われているらしい。これはなかなか酷い話だ。


ということは、大体のモバゲーと言われるものは課金しなくても楽しめるものなんだろう。どちらにせよ、様々なアプリを取り込み、容量が無い私はモバゲーには手は出せそうにない。


このニュースを知り改めて考えたいのは、一部のヘビーユーザーに関してだ。こんなにごくわずかな割合しか課金しない環境で面白いのだろうか。何を求めて課金しているのか。

特に気になるのは、若者特に未成年のこういった端末の利用。スマートフォンの普及は目覚ましく、今や未成年の子供達も携帯電話等を持つのが当たり前の時代になった。ちなみに、私が携帯を初めて持ったのは高校入学時。当時はほぼ電話とメールしか使わなかった。

もちろん、子供がこういった端末を使用するのは良いことだと思う。むしろ積極的に利用した方が将来の為になるとさえ思う。この時代に育った子供達が果たしてどんな社会を作り上げるのか楽しみでもあり、怖くもある。

問題は、携帯の基本料金以外の有料サービスの利用に関してだ。未成年ならば、携帯の料金は親が払っているのが普通だが、実際子供が携帯で何をやっているかなんてわからない。もしかしたら、有料サービスにハマり、訳もわからずいつのまにかとんでもない利用料金が請求されたりするかもしれない。

リアルショッピングなら現金があるだけしかできないし、制限がある。それに人と会わなければいけないから、例えば酒とかは買えない。しかし、ネット上は誰にも会わなくてもいいし、料金の制限も無い。だから、ちょっとした弾みで物を買ったり、課金できたりする。

ラインが未成年の性犯罪被害者が増えた事により利用制限をかけたが、それ以外大多数のメジャーじゃないアプリには制限等は無い。ネット上のモラルというか、危機管理能力はまだまだ整備されていない。

私は子供達が携帯を使ったり、ラインでやりとりしたりするのには賛成だ。しかし、ネットの世界にどっぷり嵌まってしまってはいけないと思う。こういう見解は保守的だと言われるかもしれないが、やっぱ高校生ぐらいまでは学校で教えてくれる事をまず第一にやってほしい。その頃にしか体験できない事ってたくさんあると思うし。

その為には、教師と親は今の時代に合った指導をしなきゃいけない。まずは今の時代を知る事が大前提だと思う。