jリーグ開幕 西野サッカーの真髄

時が経つのは早い、ほんとに早い。いつの間にか3月になり、気づけばもう春だ。ただ、ちょうど一年前はまだ前の前の店にいた。そう考えると一年って長い気もする。

さて、待ちに待ったjリーグが開幕した。やはり一般的にはjリーグってそんなに人気無いのか、周りでこの話をする人はまずいない。それでも私は開幕を心待ちにしていた。てか、日本代表は好きなのにjリーグ知らないのは何故なのか。あの、自分が応援してるチームで育った選手が代表に呼ばれたり、海外で活躍する感動はたまらない。

私が応援する名古屋グランパスは今年は前評判が良くない。主力がこぞって移籍し、ディフェンスに至ってはトゥーリオ以外総入換だ。そんな中監督も代わった。ガンバの黄金期を築いた西野朗に。

西野ガンバといえば、パスサッカーだった。ガンバの攻撃力はほんとに凄かった。個の勝負強さで勝負する名古屋とは対称的で、あのサッカーをグランパスがやったらと密かに想像したものだった。ちなみに私はガンバのホームグラウンドでボールボーイ等のバイトをやってた事もあり、西野ガンバにはとても親近感があった。

西野イズムは開幕二試合で大きく現れている。二試合で得点4の失点4。一点差で勝ってても守りに入らない。開幕戦はそれが裏目に、二節は良いほうに出た。失点に関してはある意味しょうがない。このメンバーでは誰がやってもある程度の失点は覚悟しなくてはならないと思う。

今年は蓋を開けてみないとわからないと思っていたが、やはり内容のあるサッカーは楽しい。ディフェンス以外はけっこう面白いメンバーが揃っている為、案外ダークホースになれるのではと楽観してしまう。

キープレイヤーは何人かいるが、私はやはり一番はケネディだと思う。ケネディが本来の力を出せば、得点はある程度計算できる。あとは、永井。永井程もったいない選手はいない。あのポテンシャルで何を燻っているのか。永井は一皮向ければ間違いなく日本のエースになれる。

ベテラン達に将来有望な若手達がどのぐらい入ってくるか。小屋松や松田がいるから、今年はナビスコ等も楽しみだ。