読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本大震災からの復興 原発の可否

さて、東日本大震災の記憶はほどほどにして、私はテレビ等でやっていた政府の復興支援の酷さに腹が立ちまくった。政府や役所はなんでこんなに馬鹿なのか。

人が住まない所を守る巨大防波堤、避難民と避難先市民の感情問題に対する配慮の無さ、被災地での都合の良いアンケート、福島第一原発の様々な問題の放置、この状態での原発の再稼働等々。被災地以外はすっかり元気な日本だが、被災地の復興に関しては相変わらず問題だらけだ。


その中でもやはり大きな問題となっているのは原発の再稼働に関して。原発に関しては、反対派、再稼働派、どちらも一方的な主張ばかりで、あらゆる情報が私は信じられない。東京都知事戦でも、細川、小泉ペアにより、脱原発が争点になった結果、即時中止ではないが減らしていくべきという桝添氏が勝った。

脱原発は非常に難しいテーマだ。課題はやはり、原発を止めてから増え続ける貿易赤字天然ガス等を外国から輸入しまくっている結果、日本の貿易赤字は過去最大となりさらに増え続けている。(燃料の輸入無しでも赤字だが)。原発が無いと特に経済への悪影響が大きい。日本がやめた所で韓国や中国は止めないわけで、それなら益々国内で生産する企業は減り、貿易赤字は拡大する。さらに、もちろん今以上に電気料金は上がり、増税とのダブルパンチで消費が減り、デフレスパイラルにまた戻る可能性が高い。


逆に原発再稼働も課題が多い。第一は感情の問題だ。世の中大体の事は合理的に行われるべきだが、こればっかりはそうもいかない。被災地の人は東電や政府がどれだけ安全だと言っても信用できないだろう。日本の大体がOKでも、被災地の人はダメだろう。それに福島第一の度重なる事故や賠償金の取り止め等により、東電の信用は0だ。こんな状態で原発は安全ですと言っても信用してもらえるだろうか。そもそも、廃棄燃料の処理等の費用を考えると原発も高コスト等という人もいる。


私個人としては、現状、原子力に変わる燃料が無いのであれば、原発は再稼働するべきだと思う。太陽光等のクリーンエネルギーはまだまだ現実的ではないし、このまま海外から燃料を輸入しまくるわけにもいかない。日本がこれまで通り、経済大国として生きていくには原発は現実的に必要と言わざるえない。


しかし、それは多数決や安部さんの一存で決めてはいけない。ちゃんと被災地の人を説得して行わなければいけない。誰が見ても納得できる安全性の説明、代わりに復興に必要な事は現地の意見を聞き実施する、再稼働する原発がある地域にもそれ相応の保証をし、そこに住みたくないという人には転居の保証もする。何より、政治家が直接被災地へ行き、現地の住民と話し、土下座してでも説得しなくてはいけない。それぐらいデリケートな問題だと思う。


それができないなら、日本は経済大国として生きていく道を諦めればいい。再生エネルギーに特化した国として、節制を美徳とする国になればいい。私はそれでもいい。


ただ、贅沢を知っている我が国の国民(特に政治家)はそれはできないだろう。ならば、被災地の人にとにかく納得してもらうしかない。それも早くしなければならない。今の日本で原発関連の仕事をしたい人なんて年々少なくなっているのだから。

まずは、政治家は現地に行くこと。現地に行くというのは役所が決めた行程に沿って耳障りのいい話をすることではない。現地住民と同じ環境に立つという事である。

あの震災から3年が経った。被災地は変わらないし、原発の問題も進んでいない。国民一人一人がもっと真剣に考えないといけないのではないだろうか。私にできる事は何かあるんだろうか。