選抜高校野球 組み合わせ決定

今週の金曜日からついに選抜高校野球が始まる。それに先駆け、組み合わせ抽選会が行われた。

選抜大会は一県一代表ではなく、各地域のブロックごとに枠数が決まっていて、例えば近畿地区が6枠なら、近畿大会のベスト4+ベスト8以下から地域性や試合内容を加味してあと2校が選出される。それに加えて21世紀枠というものがあるけれど、一般枠に関しては、県と地区大会を勝ち抜いてきた高校しか出場できない為、夏に比べレベルの差が少なく接戦が多い。

そして、夏と違い同地区の代表は組み合わせで初戦では当たらないようになっている。


さて、組み合わせも決まり、今から開幕が待ち遠しい。昨年夏を始めとして、近年いわゆる強豪校が順当に勝ち進む事が難しくなっている。全国で野球留学が盛んに行われ、東北や九州等がメキメキ力をつけ、逆にずっと野球処とされてきた近畿は昨年は大阪桐蔭21世紀枠に一勝しただけだった。


だから、大会前のスポーツ紙の予想等はあてにならない。でも、高校野球の予想は楽しい。私個人的にはやはり今回も近年安定して強い沖縄勢と関東勢が上位に来るのでは、と思う。沖縄尚、美里、白鴎、佐野日大の沖縄2校と栃木2校が実力的には個人的に注目している。


とはいっても、私は奈良出身で今は今治住みなので、この2校の躍進に期待する。智弁学園今治西だ。両校とも実力は十分あるし、私としては両校が勝ち進み、対戦してほしい。


智弁学園はなんと言っても岡本。間違いなく今大会No1スラッガー。昨年夏の予選では大和広陵のエース立田に抑えられたが、その後秋からホームランを量産。相手の三重高校の今井投手は全国レベルの左腕。全国レベルの投手にどんな打撃を見せるか、大注目だ。今井投手も是非強気で勝負してほしい。立田投手はインコースに剛球を投げ込み、岡本を力でねじ伏せた。色々意見はあるが、やはり高校野球で敬遠ってのは私は反対だ。

智弁学園は岡本以外にも吉岡、廣岡ら強力打線だが、三重高校との対戦ではエースの尾田のピッチングが何より大事。もしもだけど、智弁学園智弁和歌山がそれぞれ2勝すれば兄弟高対決。かなり厳しいゾーンだが、これも期待したい。


今治西は投攻守とバランスが取れた好チーム。エースの神野は秋に明徳を完封、光星にも安定した投球を見せた。相手桐生第一は甲子園常連、昨夏を制した群馬代表であり一筋縄ではいかない相手だが良い試合が期待できるだろう。こっちに来て知ったが、今治で西校の愛称で親しまれる今治西は県内髄一の進学校でもあり、まさに文武両道を実践している学校。家の近くにある学校を見てもそんなに設備が整っているわけではない。それでこれだけの強さを持っているのだから素晴らしい。


両校とも勝ち進む実力は十分に兼ね備えている。だからこそ、結果がどうあれ普段の練習の成果がちゃんと出せるよう落ち着いてプレーすることを祈るばかりだ。

仕事が忙しく、甲子園に行けるとしたら27日。智弁が初戦を勝ってくれれば二回戦にあたる日程だ。どちらにせよ、甲子園には行くつもりだが、どうせなら智弁学園を生で応援したい。まずは初戦突破、春がようやく来る。