STAP論文の結末は??

今更ながらSTAP細胞について。世間をせわしなくかき乱しているSTAP細胞。小保方氏が論文をNATUREに公開した時はノーベル賞級の大発見と謳われ、その後、論文通りに実験をしてもSTAP細胞の作成ができないと様々な研究者から疑惑があがり、挙げ句の果てには論文は穴だらけで、いわゆるコピペや捏造が日々発覚している。


私はド文系でこういった科学の世界がどういったものなのかはわからない。STAP細胞についても、その名の通り万能な細胞で酸等の刺激を与えるだけで細胞が初期化でき、それは確かに様々な方面に活用できそうだなーぐらいしかはじめから関心が無かった。ただ、マスコミの取り上げかたが凄かったし、報道ステーションでIPS細胞の山中教授が今後のSTAP細胞について熱く語っているのを見て、これは素晴らしい発見だったのだと素人ながらに関心した。


しかし、素人から見ても初めからなにか違和感があった。IPS細胞がでてくるまであんなに時間がかかったのに、酸等の刺激を与えるだけで細胞が初期化するなんて誰も今まで気づかなかったの??という違和感。しかも、プロジェクトリーダーの小保方氏が非常に若いし、話してる内容を聞いててもなんか研究者って感じがしない。


それでも、Natureにちゃんと掲載されてるし、さすがに誰か内容の裏付けとなる実験等もしてるんだろうし、やっぱ小保方氏は天才だったんだなと当初は思っていた。


それが蓋を開けたら今の事態。とんだ茶番だ。


素人から見て、今回は信じられない事ばかりだ。私は理系、科学、研究者というものはいわば現実を追求するもの、何度も何度も試行錯誤を繰り返した結果としてやっと成果が表れ、その成果も実験結果をちゃんと踏まえて確実だと言えるものしか評価がされない。そんな途方も無いけど、しっかりと現実、事実と向き合う世界だと思っていた。

今回の件で唯一良かった事は世界中の有識者が割りと早い段階で小保方氏の論文の疑惑を察知した事。これは素晴らしかった。やはり人生を研究に捧げているような本気の研究者には、今回のような事は断じて許せなかっただろう。

それ以外はガッカリすることばかり。

素人目線で、まず私でも知ってるような有名な科学雑誌Natureは何故こんな穴だらけの論文を掲載できたのか。載せる前になんか審査とかないものなのか。科学の研究って出したもん勝ち、言ったもん勝ちなのかい。

次に、理研の今回の件に対する調査の姿勢について。態度がはっきりしないというか、はっきりした見解を未だ出さず、だらだら調査しているが、論文に掲載してるやり方でSTAP細胞が作れない時点でこれは事実じゃないでしょ。この論文は事実無根だし、しゃかりきになって論文はダメだが、STAP細胞は実在するという方向に持っていこうとする姿勢がわからない。多分、STAP細胞なんて実在しないよ・・と私は思う。


さらには、博士号の取得に関しても。小保方氏は知れば知るほど酷い。過去にも様々な論文を適当なコピペで済まし、私の大学時代の友人でももっとわかりにくくするわとツッコミたくなる程である。そして、こんな小保方氏がエリートみたいに言われるこの世界ってなんなの。

そもそも小保方氏がこんな感じなんだから、他の共著者も完全に怪しい。普通一緒にいたら気づくし、こんなあやふやな成果を一緒に世に出せない。むしろ、小保方氏は踊らされただけなのか??今後まだまだ色んな事実がでてくるだろうけど、世界中の熱心な研究者の目をこんなちんけな論文で欺けると思っていたのなら、研究者の魂を馬鹿にしすぎだ。



私はずっと理系の研究って凄いなって思っていたし、日本をこれからも支えていくのはこういう研究から生まれる技術なんだと今でも確信している。ただ、研究の世界ってのは私が思っていた程実力主義でもないらしい。事実や数字のみによって評価される世界だと思っていたが、小保方氏を知れば知るほどそうじゃないらしい。今回の事件ではそれが一番ショックだ。