読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教科書でしか見なかった帝国主義

クリミアの不安定な情勢が日本経済にも近頃少なからず影響を与えている。日本株は乱高下を繰り返し、日々世界情勢に振り回されているが、ロシアの最近の動向は特に注目を集めている。私は最近めちゃくちゃ忙しく、株をシカトしているのだが、それが正解みたいだ。素人には今の情勢は心臓に悪い。目先の損益に惑わされず、来月からまたトレードを再開しよう。


戦争を知らない世代である私はこのロシアのやり方は何とも信じられないし、現実感が無い。でも、今世界で起きつつある事は確かに現実の話なのだ。いわゆる教科書でしか学ばなかったかつて日本も掲げていた帝国主義がこの21世紀に堂々と行われようとしている。


今やロシアは世界から孤立しつつあるが、今回気がついたのは、武力抜きで暴走する大国を止める事の難しさである。世界中の国が戦争をしていた時代ならば、第二次大戦のように武力で連合軍が暴走するドイツや日本を止める事ができた。しかし、今の時代それは許されない。思えば本当の意味でグローバルな時代になって以来、今回のロシアや今までの北朝鮮のような事態にいかに対処するのか、これと言った策が出てこないのが現状だ。


国家というものを度外視にすれば、クリミアの人がやりたいようにすればいいじゃんと個人的には思う。ウクライナがいいならウクライナにいればいいし、ロシアがいいならロシアに行けばいい。


しかし、問題はそうも簡単にはいかない。それはこれに関わる国家の利益やメンツが複雑に絡むからだ。ロシアはどうしてもクリミアを取り込みたいし、ウクライナ新政府はそうはさせじと対抗する。それにはクリミアが持つ資源や国土を巡る攻防がまずある。

アメリカを中心とする所謂世界政府側もロシアの勝手は許さない。これは世界政府のメンツが関わる攻防。ここで帝国主義がまかり通る一例を作ってしまえば、今後これに便乗して帝国主義的な強硬路線をとってくる国がでてくる可能性が高い。ロシアは日本の北方領土等も強気になってくるし、何より中国が動き出すに違いない。

だから、一見クリミアの民衆がロシアを支持してるんだから周りがとやかく言うのも良くない、と思うかもしれないが、そうやすやすと認めてしまっていい問題では無いのだ。


しかし、世界政府側は今の時代、武力でロシアを止める事は難しい。それなら、どうするのか今は21世紀という時代を占う意味でも大事なシチュエーションだ。

ひとつ考えられるのは、貿易等に規制をかける経済制圧。ロシアの欲しい物を輸出せず、ロシアが売りたい物は輸入しない。これは、効果も期待できるが、ロシア程の大国が相手ではロシア以上に苦しむ国が出てくる。ヨーロッパの国々や中東の国々である。ロシアとの貿易で国益が成り立っている国はこの経済制圧には同調できない。


ならば、他にどんな方法があるのか。オバマ大統領は頭を抱えていることだろう。


私は極論を言えば、国家というものに拘らず、個人個人を重視する時代になればいいんだと思う。国籍なんて血液型ぐらいの感覚で、グローバル企業が国家を飛び越えて世界中の人を繋ぐ。国家間の貿易という概念も無くなり、欲しいものは個人が世界中から買えるようになり、通貨も統一される。個人が住みたい場所に住み、あとは法律の問題ぐらい。個人の時代には法律よりもモラルが大事になりそうだが。


ごく一部の権力者がどっかの国と喧嘩し、戦争するって話になっても、お互いの国民がそんなん知らねーよ勝手にやれよ的な感情でいれば戦争なんて起きないだろう。要は国家の意思で国民を統制できない時代、国家よりもグローバル企業の方が力を持ち、例えば日本がその企業の足を引っ張ろうとしても、じゃアメリカ企業になるからいいわ的な感じで交わせる時代。そういう時代は意外に近いのかもしれない。


しかし、今はまだまだ国家の時代。今回のクリミア情勢にアメリカ連合軍がどう対処するのか。これは見もの。結局何もできなければ、今後世界情勢は大国はゴネたもん勝ちになっていき、帝国主義がジワジワと復活していくだろう。


もし、武力制圧しかないと結論づけ、連合軍側が強固な姿勢で行けば、第三次世界大戦が幕をあけるかもしれない。

私はクリミア地方の民衆の熱狂的な国家感は怖い。何故あそこまでロシア側につくことを熱望するのか。あぁいう感情があるうちは世界から戦争は無くならない。ある意味、政治に無関心な日本人は時代の先を行っているのかもしれない。国政がどうであれ、私は私で責任を持って生きていく、自分の生活は自分で守る、だから政治がどうなろうと関係ないのよ・・って皆が思っているなら笑。