またまた政治献金

みんなの党の渡邉代表がDHCの代表から8億にも及ぶ借り入れを受けていた事が判明。年利はなんと0.5%で渡邉代表の口座に振り込まれた時期が選挙前だったこともあり、選挙資金の為の政治献金を疑われている。

まぁ、選挙資金でしょ。8億も他に何に使うのよ。渡邉代表はよく否定できるなと。私個人的には選挙資金で金借りる事が別に悪い事だと思わないけど、公職選挙法の違反になるわけでこれは叩かれて仕方ない。確かに金があればあの手この手で票を集める事ができるし、ある程度の規制は必要だ。


渡邉代表は残念ながらこれで一度表舞台から引きづり下ろされるだろう。私はもともとみんなの党も渡邉代表も好きじゃないが、これで野党の力はさらに堕ちる。民主は相変わらず、維新も落ち目、そして今回の件。アベノミクスはよりやりやすい状態になるが、果たして今後それが良い方に向かうかどうか課題は多い。安倍さんにはとにかく株価の上昇だけは何としても維持してほしい。他はまぁなるようにしかならない。

それにしても政治家のこの手の話題は常につきない。そんなに政治家って金かかるもんなのか。そして、貧乏なのか。

渡邉代表は8億の使い道の言い訳で交際費等と言っていたが、民間人からすれば政治家の無駄遣いはほんとに腹立たしい。まぁ多少はしょうがないし、政治家になるまでには確かに棘の道を通り抜けねばいけないし・・しかしそれにしてももっと経費は抑えるべきだろう。名前が売れてない多数の政治家は細々とやってるんだろうけど。

逆に政治家程貧富の差が激しい職業も珍しい。特に家系から金持ちな人と成り上がりで来た人では政治家としてのスタートラインに立った時点で大きな差がある。政治家自体の給料はそこそこいいけど、言っても大企業の管理職とさして変わらないし、渡邉代表が言うように多大な交際費等がかかる職業、元々金持ちじゃない人には非常に厳しい。万が一落選でもしたら無収。


だから、成り上がりで金を持ってない政治家程不祥事を起こしやすい。これは政治家個人の問題ではあるのだけど、政治全体で見た無駄遣いをする風潮にも大いに問題がある。貧乏人でも実力で成り上がれる環境になればいいのだが。