小保方会見に騙される人

小保方晴子氏が沈黙を破り、ついに会見を開いた。涙ながらにSTAP細胞は存在すると語った姿に意外にも好印象を抱いた人が多い事に私は驚いた。

会見を全て見たわけじゃないが、小保方氏の語った事はまるで捏造等の解答になっておらず、肝心な部分(STAP 細胞の生成に成功したとされる第三者の名前やnature 論文に記載しなかった実験ノートの公開等)は弁護士が介入し答えられなかった。

会見を見れば見るほど、私は小保方氏の本当の姿がわからなくなったのだが、恐らく2パターンのどっちかなんだと思う。

希望がある方は純粋に知識不足で、バカンティ教授を始めとした名だたるメンバーに支えられていた事により実験結果に対して過信が生まれてしまった。STAP細胞は存在するという強い仮定のもと、様々な実験を無意識に都合良く執り行い、都合の良いデータばかりを笹井教授らに報告、みんながみんなその気になってしまったというわけである。バカンティ教授はSTAP細胞のアイディアを提供したという立場が欲しいのであって、実際にSTAP細胞が存在するのかどうかの実験に関しては関与していない、だから、小保方氏側についていても失うものは現状無い。


この場合、小保方氏は恐らくほんとにSTAP細胞を生成できたと思っている。会見での発言は素直に本心を語っている事になるが、周りの有識者はすでにそれが勘違いである事に気づいており、小保方氏は一見可愛そうな気もしないでもない。論文の捏造は少なくとも確実に黒だろうけど。


問題はもう1つの希望の無いパターンだ。小保方氏は自分が様々な実験データを捏造し、周りの教授らにも気づかれないようSTAP細胞があるかのように見せかけたとした場合だ。これなら、ほんとにゾッとするし、周りの教授らは被害者でしかない。全ての真実を知りながら、悲劇のヒロインを演じ、STAP細胞は実在しないという悪魔の証明ができないことを良い事にこの件をうやむやにしようというのだ。そして、今後他の人がSTAP細胞らしきものを生成できた時にはひょっこり大衆の支持を味方につけて再登場するのだろう。STAP細胞のアイディア自体は名だたる研究者達も否定はしなかった、それなら本当に有能な研究者が成果をあげるかもしれない。恐ろしい。

実際小保方氏がどこまで黒いのかあの会見だけでは計り知れない。しかし、あの会見はSTAP論文が公表されたプレゼン同様、明らかに狙って作られたもの、そういった違和感を感じずにはいられなかった。私の中では小保方氏は完全に黒で、恐らく単独犯だと思う。今後小保方氏にはなんらかの処分が下るんだろうけど、理系男子はリケジョの涙に適切な処分を下せるんだろうか。私は女の涙が昔から大嫌いだ。あんなに心がサーっと冷めるものはない。世間は小保方氏の涙に好意的、やはり私は病んでいるのだろう。