読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球開幕 2014年は関西が熱い

今年もいつのまにかプロ野球が開幕した。今年の注目はマー君やダルビッシュや他にもたくさんの日本人が活躍しそうなメジャーリーグにいきがちなのだけど、日本のプロ野球もまだまだ負けていない。何より今年はセ・パ共に混戦が期待できそうなのだ。


普段は試合やってる時間は仕事だし、最近テレビでプロ野球をやらないし、もっぱら深夜のスポーツニュースをはしごするぐらいの情報収集だ。スポーツニュースぐらいの印象でも今年は戦力がある程度均衡しているよいに見受けられる。

開幕直前の順位予想では、セは巨人、パはソフトバンクがすこぶる人気だった。確かに戦力的にはこの2チームは素晴らしい。巨人は去年独走した戦力そのままに実績ある外国人を補強、さらに強力打線に研きがかかった。アンダーソン、ロペスが好調、阿部や坂本が下位にいる打線は凄い。唯一の懸念は絶対的な中継エースだった山口の疲労。山口が一年例年のような働きができるか巨人にとっては大きな不安材料だ。ソフトバンクもイデホやスタンリッジ、中田らを補強、今宮らの若手も育ち磐石な気もするがパリーグはどこも強い、そう簡単にはいかないだろう。


まだ、序盤戦だがその2チームを抑える勢いを見せているのが関西の2チームだ。阪神は圧倒的打力で、オリックスは圧倒的投手力でリーグを盛り上げている。特に阪神マートン三冠王まっしぐらのとんでもない活躍をしている。長年阪神の外国人野手=ハズレの中現れたマートン阪神歴代最強の助っ人だろう。今年はゴメスも良さげで阪神の外国人スカウトは変わったのか。


オリックスが強いとパリーグがさらに面白くなる。正直、パリーグの中でオリックスだけおいてけぼりにされてきたこの数年間。かつてはオリックスの控え組ともいえた楽天は一気に日本一に。日ハムもロッテも地域に根差し人気があるのに、オリックスはとにかく人気が無い。まさに空気のような地味な存在だった。

私が幼少の時のオリックスは人気球団だった。イチロー、谷、田口の鉄壁外野陣にスローカーブの星野がいて。人気もあり強かった。

そんな厳しい状況にあるオリックスが立ち直るにはやはり強くなるしかない。この序盤の勢いそのままに、まずはクライマックスシリーズまで行く、そうすれば徐々にお客さんも増える。戦力的には見劣りしない。糸井、ぺーニャ、エースの金子は今や日本球界随一の好投手だ。


選抜の高校野球大阪桐蔭以外苦戦してきた関西勢が見事に復活した。履正社と平安の決勝、履正社に破れた福知山成美智弁学園智弁和歌山も夏に向けて期待できるチームだった。どちらかといえば夏型の大型チームが多い為、夏はさらに躍進が期待できる。



この勢いに乗って、阪神オリックス日本シリーズを戦ってほしいものだ。

ただひとつ残念なのは、今年は各チームの外国人助っ人が大暴れしまくっている。バレンティンマートンら長年日本球界で頑張ってるメンバーは当然なんだけど、今年入った新戦力が何の苦もなく活躍してるのを見ると、日本人もっとがんばれと思う。打撃タイトルのどれか1つぐらいは日本人が取ってほしいなぁ。