読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笹井副センター長会見 追い込まれる若山教授

もはやすでに今年の流行語大賞になるんじゃないかと思う程日々話題がつきないSTAP細胞。先日の小保方氏の会見に続き、世間では裏ボスと目されていた理研の笹井副センター長がついに長い沈黙を破った。


笹井氏は万能細胞の分野の第一人者で、ユニットリーダーの小保方氏とは違い、STAP細胞の事件が起きるまではまさにエリートと言えるような素晴らしい実績をあげてきた所謂本物だ。少なくとも小保方氏よりは科学的な理屈の通った説明をしてくれるだろう、もしかしたらこの会見でこの問題の全てが終わるんじゃないかと期待していた。


しかし、実際は保身、保身の都合の良い内容ばかり並べた期待外れな会見だった。小保方氏と違い、STAP現象が起こり得る可能性を科学の観点から説明もしたが、簡単にいうと今まで科学の世界で発見されなかった事象がある為、それがSTAP現象なのだといささか強引な理屈であった。また、その今までの事象では説明できないという部分も実際はES細胞等でも発現する可能性があり、科学的な説明に関しても疑問が残るものだった。


笹井氏がまず述べた事が、自分は論文の最終添削に関わっただけであり、論文に載せるべきデータや実験結果は全て出ていたとの事だった。それでも、理研の調査では論文自体に捏造があったという結果から笹井氏は大きな責任を負うのだが、それに関しては簡単な言い訳しかなかった。


笹井氏は小保方氏を直接的に非難しなかった。それは自分が人事権をふるい抜擢した愛弟子を非難する事=自分の失態となる事を恐れたのか、小保方氏と何か個人的な感情があり庇っているのかそれはわからない。ただし、小保方氏、笹井氏両者の会見で窮地に追い込まれたのは間違いなく若山教授だ。


小保方氏の会見では、小保方氏自体は実験で作成できたと思われる万能細胞を若山氏へ渡し、それを用いてキメラマウスを作成したのは若山氏であり、小保方氏が発見したSTAP細胞の可能性を最終的に具現化したのは若山氏だと
いう事だった。


また、今回の笹井氏の会見では、経験の薄い小保方氏と2年間に渡り実際に実験をしていたのは若山氏であり、データや実験結果も全て若山氏が確認して出したものであり、自分には何とも言えないと逃げられた。


小保方氏の言い分は反対はできるだろう。小保方氏が若山氏に送ったのがただのES細胞であれば、確かにキメラマウスは作成できてしまうし、小保方氏からの事前のデータが捏造されていたとしたら、それがSTAP細胞ではなくES細胞だと気づけないのは致し方ない。


ただ、笹井氏の言い分に反対するのは難しい。確かに一理あるからだ。乱暴な言い分には聞こえるが、事実として笹井氏は小保方氏と若山氏によって行われた実験データに基づき最終的に論文を作る役割を果たした。チェックのずさんさは非難されても、二人の実績を信じたというスタンスを取れば笹井は致命傷は免れる。


STAP論争はそろそろ最終局面を迎えそうだが、笹井氏は一抜けした。あとは小保方氏対若山氏の戦いになるだろう。1つ気になるのはやはり笹井氏と小保方氏がお互いの批判をしなかった事。若山氏からすれば2対1と不利な状況だ。

若山氏といえば、論文通りにやってもSTAP細胞ができないと世界中の有識者がざわつき出した頃、いち早く論文の撤回を申し出た人物だ。あの時の彼からは小保方氏や笹井氏と違い、本気で自分のしたかもしれない事を悔やみ、本心を語っているように見えた。


私個人の見解ではやはり、バカンティや笹井氏にお墨付きをもらっていた小保方氏がSTAP細胞の存在を簡単に確信し、その感情ありきで実験を行っていた。その結果、ES細胞でも起こり得る実験データを新しいSTAP細胞特有のものと勘違い(か意識的に捏造)し、都合の良いデータと共にES細胞STAP細胞として若山氏に渡した。若山氏はそれを用いてキメラマウスを作成し、STAP細胞が存在すると思い、笹井氏は若山氏の裏付けの元、論文を適当に修正しNatureに発表した。論文発表後の騒動で若山氏はいち早く矛盾に気づき行動を起こすが・・。という現状。


私は科学にはてんで素人だし、あくまで推測に過ぎない。ただし、若山氏が追い込まれているのは事実だろう。この騒動にケリをつける為、若山氏は小保方氏、笹井氏を追い込むような決定的な証拠を出せるだろうか。