読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治への無関心が招く悲劇

兵庫県議の野々村氏の会見を見たが、久々に爆笑した。爆笑した後にはその感情は大きな怒りに変わった。なんだこの異常者は??こんな奴が西宮で当選し、今までのうのうと高給を貰っていたなんて信じられない。


冷静になって考えてみる。野々村議員の出張費に関しては議会は違法性はないと言っている。しかし、実際はまず間違いなく不正需給だと思われる。会見からみる野々村議員の人間性、領収書が全くないこと、また私も関西出身だからわかるが出張行程が現実的ではない。会見で100回も出張した城崎温泉の駅の名前も答えられなかったのもありえない。私は1回しか城崎温泉に行った事はないが、駅の名前ぐらいは覚えてる。


議会が違法性が無い等と宣うのは、認めてしまえば議会自体の批判は免れないからなのか、そんなの日常茶飯事で細かい事考えた事なかったのかもしれない。この流れはSTAP細胞の小保方氏と理研の対応を思い出す。今後の兵庫県議への批判も避けられないだろう。そもそも領収書無しでの新幹線等の出張費請求はルール違反であり、それを容認し多額の政務資金を支払った議会もちゃんちゃらおかしいのは言うまでもない。私も新入社員の頃、奈良から埼玉への引っ越しの際の交通費を申請する際、新幹線の領収書を貰い忘れ、人生初の始末書を書いてなんとか許可を貰った経験がある。もしかしたら、野々村議員もルールを知らず、誰にも咎められない事を知り、不正に走ったのかもしれない。


今回の件、笑ってばかりはいられない。これが地方の普段何やってるかわからないような市議会や町役場で起こった事ならかわいい不正で済む。しかし、兵庫県議という日本でも4、5番目に資金を持つ巨大な議会で起きた事が問題だ。兵庫の県議会にあんな下らない議員がいると、西宮市民は彼を選んで当選させたんだと、日本、世界中にアピールしてしまった。西宮と言えば阪神タイガースの本拠地、言わば近畿を代表する地域なのに。


そもそも野々村議員は当選するまでに四回の落選を経験、最終的には西宮維新の会なる謎の団体を結成し当選を果たす。彼は無所属、もちろん大阪維新の会とはまるで繋がりがない。大阪市大阪府を1つにする大阪都構想の掛け声であったワン大阪、これをもじってワン西宮という意味がわからないアピール。実際どんな選挙活動を行ったのかはわからないが、無所属のあの人間に何を感じて西宮市民は投票したのか。ここに注意しなければならない。


選挙とはそういうものなのだ。ちゃんと選んで民意を伝えないと、こんなとんでもない人間が当選してしまう。もちろん、普段は自分の仕事等で候補者の選挙活動など見れないかもしれない。それでもネット等で各候補者がいったい何を目指しているのか、その人間の経緯はわかる。少なくとも、少しは考え投票に行かなくてはならない。投票に行ってない人間に彼を批判する権利はないのだ。何故なら、この民主主義国家で投票に行かないというのは、国がどんな政策をしようが完全に任せますって言ってるようなものなのだから。

特に若い人の政治の無関心さには腹が立つ。若いっても学生なら別にいい、自分と同じくらいの社会人や後輩が全く政治に関心がないのが意味が分からない。何にも考えず、増税や年金制度を当たり前に受け入れ、流されるように生きる若者。政府よりは遥かに合理的な会社の批判はするのに、訳の分からない事ばっかりしてきた借金だらけの政府には関心も示さない。これでは何も言う資格はない。


もちろん、選挙で市民ができることなんて限られているかもしれないけど、みんながちゃんと考えて投票すればそれなりに優れたメンバーが集まると思う。特に、西宮、兵庫みたいな都市では。


さて、今後兵庫県議のずさんな管理体制がどんどん暴かれ、批判されることになるだろう。実際兵庫以外のその辺のルールってどうなっているんだろうか。

私が考えるに、もはや今の日本人の政治への無関心さが改善されないなら、選挙だけで議員が決まってしまうのは危険だと思う。野々村議員なんて民間の有名企業にはまず採用されないだろうし、ちゃんと採用試験なるものを県議にも導入したほうが良いのではないか。学歴、職歴、筆記試験、面接、それらを突破した人間だけが選挙に参戦できる。それぐらいのハードルはあっていいんじゃないか。年収1400万に出張費申請し放題、こんなにホワイトな仕事なんだから。


塩村議員のセクハラ問題や今回の件、ほんとに下らない。安倍首相は色々言われているが、私には本気で日本をよくしたいと頑張っていると思うし、心から応援している。こんな下らない話だけでなく、ちゃんと頑張ってる政治家の姿にもみんな注目してほしい。