読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱日記 将来とは

最近、真面目な事を比較的しっかり書いている為、たまには何も考えず日記というか、パーソナルな事を。


最近、人生ってほんとに長いな~とふと思う事が多い。一年一年はあっという間だし、自分もいつの間にか26歳。色々な事に焦りやプレッシャーを感じる年代になってきたわけだが、正直まだ26歳なのかとも思う。良くも悪くも自分は世間体などは気にしない性格な為、年齢で何かを決めたりする事はないのだけど。



本音を漏らすと、人生常に何か物足りなさと、虚しさを抱えてきた。今もそうだ。それは何故なのかわからない。仕事は楽しくも苦しくもあるし、あらゆる人間関係も別に不満や問題があるわけではない。ただ、何となく自分が何の為に生きているのか、わからないのである。そして、人の気持ちもわからないのだ、なんで皆そんなに色々な事に熱くなったり、一生懸命になれるのか。当たり前のように出世を意識し、当たり前のように結婚して、当たり前のように老後の事を考え、当たり前のように他人より幸せである事を目指す。その当たり前な感覚が自分にはあまりわからないのである。


私の根本にあるのは、人はいつ死ぬかわからないという気持ちである。それ故に、いつまであるかわからない未来よりも、今が大事。今を大事にすればするほど、何年か後の人生に影響するような事に関心が生まれない。例えば、出世や老後の事だ。それだけならまだいい、死や終わりを意識するあまり、どんな事に対しても、いずれは虚しさを感じてしまうのだ。1つの仕事が終わるとき、本当に虚しい。こんな事をやりたいと思い、色々データを集めたり準備し実行する、その時はどんな結果になるだろうとワクワクしていても、いざ結果が出てしまうとその時点で「あっ、終わってしまった」と急激に虚しくなる。例えその成果が周りから崇められるようなものでも、そもそも結果にそこまで興味が無い自分にはあまり関心がない。何年後にこんな事がしたい、ではなく、その時その時でこんな事がしたいと思い実行する為、それが終わったら次何を目標にしたらいいかわからないのだ。だから、会社でどんな部署に行きたいと聞かれても答えられない。どんな部署も行ってみてから感覚でやりたい事を見つけていくしかない。


この感覚は別れを味わう度に強くなった。私は数々の別れを経験してきた。世間的には別れ=男女の関係と思われるが、それだけじゃない。特に私は転校や転勤が多い為、一気に大人数の人と出会ったり、別れたりする事が多いのである。

今まで当たり前のように毎日会っていた人といきなり会えなくなる。この衝撃は未だに慣れない。前の部署は半年もいなかったが、それでもやはり悲しかった。今の部署の人ともいつまで一緒でいられるか。一期一会というか、人間関係もなかなか長いスパンで考えられなくなった。いずれは別れが来る、だから今が大事。


永遠にというならば、結婚しかないのだろうと思う。しかし、結婚も絶対にしたいかというとそうでもない。将来という言葉にピンとこないのだ。勿論、異性を本気で好きになる経験は何度かしてきたし、この人とずっと一緒にいたいと思う事も多々ある。でも、例え結婚したとしても、やはり私の価値観は変わらない。将来を考えたとしても、せいぜい一年後ぐらいまで。老後の為に準備をなんて無理だ。貯金=金を使いたい事がないから貯まっていくもの、なのだ。もし、嫁さんにどうしてもと言われたら、株の売買を本気で見直し、なるべく早く大金を貯金するような行動に私はでるだろう。私はわりとガチで自分が老後まで生きてる姿が想像できない。こんな事を口走る男と結婚したいと相手は思ってくれないだろう。


死ぬのは怖い。本当に怖い。そして、まだ死にたくない。自分はこのために生きている。せめてそう胸を張って言える何かを掴むまでは絶対に死にたくない。しかし、その何かがわからない。わからないから虚しい。今のまま生きててそれを掴めるんだろうか。

よくわからないが、何かに夢中になっている時間以外基本的に虚しいという感覚は、鬱の人のそれとどう違うのだろう。本気で鬱に悩んでる人に怒られるかもしれないが。なんで皆自分にそんなに迷いがないのだろう。

私が今一番ほしいもの、それは才能でも人気でも金でも女でもなく、生きてる意味だ。人生をかけてやりたい事がある人がほんとに羨ましい。