ゆるい就職の可能性

最近「ゆるい就職」なるプロジェクトが話題となっている。週休2日で死ぬまでバリバリ働く人生なんてどうなの??っていう問いかけをしてくるのだけど、私は賛成でも反対でもない。いつも大体の問題への解と同じで自己責任だから、趣味に生きたいならそういった働き方を模索すればいいし、バリバリ働きたいならそういう企業で働けばいい。

http://lite.blogos.com/article/95344/?utm_expid=83319430-12.tLH8zdypSaGW1UKgfDAvEw.0


この企画の良いところは、フリーターよりも待遇は良さげで、正社員程拘束されないという点にある。上記で主催者が思った以上の批判の数に対して怒りを露わにしているが、そもそもの目的は終身雇用的な仕事を前提としないつなぎ的な働き方を模索するものである。大学卒業後、いきなり週休2日で働くのではなく、まずはゆるい就職をし週休3日でゆるく働いてみて自分に合う働き方を考えてみようというものなので、そんな給料でどうやって生活するんだとかいう批判は検討違いだ。


しかし、これをやるならやはり在学中がベストだと思う。日本の大学ではまともな就職体験等できない、仕事とは何ぞやということを知らないまま就職活動が始まり、ネット等の情報しかないから皆が受ける大企業をとりあえず受ける。受かれば幸せだが、いざ働いてみたら思ったより大変、てか、楽しくない。仕事=楽しくない、だからたまの休みがすこぶる大事に思えてくる。休みは多い方がいい、有給も使いたい、なのに思うようにならないこの会社はブラックだ。そして、仕事に嫌気がさし、家庭に逃げる。子供に自分の希望を託し、気づいたらオヤジに。


学生の時に就職体験をするには、アルバイトかインターンしかない。しかし、アルバイトは小売や飲食等業種が限られるし、所詮はアルバイトだから社員として働く感覚はわからない。インターンは企業側が学生にPRするため、社員は当たり障りのない事しか言わないし、採用に影響すると思うと学生も体験というより、自己PRに意識が向いてしまう。その点、このゆるい就職ならアルバイト以上に社員として働くということができるんじゃないかと思う。


問題は在学中のいつやるか。勉学に支障が出ないようにしなければならない。それなら、大体の学生が単位を取得し終えている四回生。しかし、四回生の春には就活が最もピークを迎えるし、内定後にゆるい就職をしたところで、就職先を変えることはできない。就活が始まる前としたら、三回生の前期までとなるが、やはりその頃は講義をたくさん受けなくてはならないから現実的ではない。


もし、このゆるい就職を大学、さらに言うと国家単位で支援して行けば、日本の大学教育の大きな発展に繋がる可能性があると私は考える。前提は就活の遅延化。就活のピークを四回生の秋にすることにより、就活前にゆるい就職ができるようにする。せいぜい週休3日の就労であれば、例えば受けたい講義は受けれるし、就活の準備等もできる。就活に関しては勤務先の上司から直接経験も聞くこともできるし。働くということを体験する事で志望する企業も明確になるし、志望動機も深くなる。


さらに付随して学生の勉学意欲を上げる効果もある。四回生の前期にこのようなゆるい就職をするためには、三回生までの間に単位を落としていてはいけない。四回生はあくまで受けたい講義だけ受けるぐらいの余裕がある学生のみができるのである。さらには、内定から就職までのブランクが短くなることですんなり就職に向かっていけるし、イタズラに時間を過ごす事がなくなる。卒業旅行等もいけなくなるわけではない、四回の秋、例えば10月に内定が貰えるとしても、11月から3月までは自由時間、それだけあればたくさん思い出も作れるし、ゆるい就職で稼いだお金を旅費にあてる事ができる。親から金借りて卒業旅行に行くような学生も減る。


といったようにこのゆるい就職を教育として扱う事ができるなら非常に有益だと私は思う。しかし、実際はそうではない。ただ働きたくない人間の逃げ道として解釈される可能性が濃厚だ。


そもそも、仕事が楽しくない、働きたくないという人達は本当に可哀想だと思う。私は仕事自体がけっこう楽しいから、祝日等で週休3日になると逆に物足りなさを感じるし、もっと休みがほしいとかもあまり思わない。仕事のストレスは仕事でしか絶対に返せないし、例えば仕事でミスをして周りに迷惑かけた次の日が休みだったら何してても楽しくない。気晴らし、気分転換っていう言葉の意味がよくわからない。


要は働く側の気持ちが最も大事。つまらない仕事をしていては、週休2日だろうが3日だろうが不満は出る。どこまで行っても働くことからは逃げれないわけだし、いい加減雇われるという感覚は捨てた方がいい。自分から志願してその企業から採用されたのだ。どんな働き方しようが自己責任なのである。やりたい仕事ができなくて悔しいなら、自分を磨けというわけだ。


私は古臭い根性論もニュージェネレーションのブラック企業批判も嫌いである。ゆるい就職も別に構わないが、今の若者には少なくとも自分の人生は自分で責任持てよと思う。自分でしっかり考え、リスクも考慮し誰にも迷惑かけないならどんな働き方してもいいだろう。