読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待のドラフトと秋期近畿大会

いよいよプロ野球のドラフトが本日行われる。クライマックスシリーズはなんとあの短期決戦にクソ弱かった阪神が巨人を東京ドームで4タテ。阪神ファンにとってはこれ以上ない最高の結末。私も小学校からの阪神ファンなので、道頓堀に飛び込むぐらい喜ばしい気持ちもわからないでもないし、阪神一筋で頑張ってきた和田監督に結果が出て本当に嬉しい。日本シリーズソフトバンクが相手というのも感慨深い。


あれは何年前だろうか。万年最下位の阪神星野監督が来ていきなり強くなり最下位を脱出した翌年、エース井川が20勝、今岡が首位打者、赤星が盗塁王、他にもベストナインはほぼ阪神の選手が独占するという恐らく阪神史上最強のチーム。どこが相手でも負けるはずがないはずなのに、相手のダイエーはエースの斎藤が同じく20勝、井口が首位打者、さらにはなんと百打点カルテットというこちらは球史に残る最強打線を擁したチーム。結果、お互いのホームグラウンドで勝ち続け、4勝3負でダイエーが日本一になった。私は今でもあのダイエーは史上最強だったと思う。


今回は甲子園で4試合できる為圧倒的な応援の力もあり阪神が日本一になるんじゃないかと思う。鳥谷、ゴメス、マートンのクリーンナップは非常に魅力的だ。


そんな日本シリーズの前に楽しみなのが今年のドラフト。私は奈良出身で奈良の高校野球をこよなく愛する者、今年は奈良からプロ野球選手が生まれそうだ。まず指名濃厚なのが智弁学園の岡本。巨人がドラフト一位指名すると記事が出ていたが、本当なら凄すぎる。あの巨人のドラフト一位なのだから。しかし、三年間岡本に注目してきた私からすれば、岡本はドラフト一位でも指名する価値のある選手。走塁、守備はまだまだプロで鍛えなくてはいけないが、打撃は即戦力。よく中田翔と比べられるが、高校時代の中田は大きいのは打てるが穴も多いイメージだったが、岡本はホームランに加えて率も残せる所が強み。昨年の秋期大会、春のセンバツ、夏の予選、甲子園、世界大会と常に5割近い打率を残してきた。甲子園では夏準優勝した三重のエース今井からホームラン二本含む三安打、大会No.1左腕の佐野日大田嶋相手に試合中にアジャストしていき試合のポイントで痛烈なヒット、これまた大会屈指の好投手明徳義塾の岸からも二安打。世界大会でも他選手がこぞって木製バットに苦労するなか見事に対応してみせた。岡本は対決を重ねれば重ねる程高い対応力を見せる為、プロという世界は合うと思う。


次に指名される可能性が高いのが、早稲田大学の中村である。中村は天理高校出身で、昨年ヤクルトに入団した西浦内野手と同じチームで戦っていた。高校時代から非凡な打撃センスを持っていたが、その頃の天理は甲子園で前評判を裏切るような試合しかできず、良い選手はたくさんいたが、あまり全国的に目立たなかった。早稲田大学では一年から順調に活躍、打撃だけでなく守備・走塁もスケールアップし、何よりどこでも守れるオールラウンダーとして評価を一気にドラフト候補まで上げた。彼も馴染み深い選手なのでどこかの球団に是非指名されてほしい。


そして、もう1人、奈良から指名されるかもしれないのが、大和広陵高校のエース立田投手である。中学時代に日本一になり、世界大会で最優秀防御率を取りながら、強豪校で酷使される事を嫌がり地元の無名弱小校に入学するという異色の経緯の持ち主。もちろん、大和広陵からのプロ入りは初。高校一年の秋に自責点0で近畿大会まで進み選抜甲子園にも出場。二年の夏には優勝候補の智弁学園を破り、桜井高校の甲子園初出場に貢献。大和広陵は立田のいた3年間は県の大会で天理、智弁と同等の力を持っ優勝候補であり続けた。最後の夏は終始コントロールが定まらず、何とか準決勝まで進んだものの優勝した智弁学園四死球を連発し逆転負け。この夏の立田投手は明らかにコントロールがおかしかったが、ビシッと決まるストレートや変化球はやはり高校生離れしていたし、智弁学園の岡本を最もしっかり抑えたのは私が見るに立田投手だったと思う。最後の試合もストレートで三振2つを奪い、170球程投げた最終回にクリーンヒットを打たれたものの、立田投手のコントロールさえ正常であればこの夏も大和広陵が甲子園に出ていたと思う。立田投手はプロに入るために強豪校を避け大和広陵に入った。全てはこのドラフトの為に。だからこそ、何位でもいいからどこかの球団指名してほしい。ポテンシャルも根性もある子だと思うから。


奈良からこれだけ期待が持てるドラフトも珍しい。何とか3人とも指名されて、プロでの対決を期待したい。


ドラフト以外にも秋の高校野球近畿大会がすでに始まっていて、こちらも熱い。私の実家に一番近い奈良大付属がついに甲子園に出そうなのだ。今年は坂口というこちらも来年にはドラフト候補になるだろうエースがいて、近畿大会ですでに一勝。次勝てば確実、負けても天理の結果次第では選抜濃厚。しかし、天理もここ数年では間違いなく最強。報徳学園大阪桐蔭に連勝しなくては甲子園に恐らくいけないという厳しい組合せだが、今年の天理なら大阪桐蔭ともがっぷり四つの試合ができるだろう。奈良大も天理もベスト4に行って、また奈良勢でアベック出場してほしい。三年前に智弁学園と天理で近畿決勝をし甲子園にアベック出場した時はほんとに嬉しかった。奈良大が甲子園に出るなら有給使って応援に行く。あと一勝、全ての力を出し切り甲子園を確実にしてほしい。