祝ドラフト指名

昨日に続きプロ野球のドラフトについて。


結果は非常に喜ばしいものとなった。昨日紹介した奈良の高校出身の三人共無事指名され、特に指名が微妙だった立田将太投手が無事指名されたことには自分の息子のように嬉しくなり感動した。原監督、伊藤監督、そして栗山監督まじでありがとうという気分である。


智弁学園の岡本和真は事前の情報通り、巨人が一位で単独指名。私は阪神ファンアンチ巨人だったが、原監督を正直見直した。恐らくスカウトは岡本は一位じゃなくても取れる可能性もあるし、即戦力の投手を指名したかったんだと思う。それを原監督の鶴の一声で岡本単独指名に。私は胸を張って言いたい。原監督の決断は間違っていなかったと。岡本の打撃は他の選手とは別次元で特に遠くに飛ばす天賦の才はまさしく十年に一人のレベル。軽打もできるし、相手がまともに勝負してこなくても自分のペースで選球ができる。性格も真面目で練習熱心だし、プロに入ってからも謙虚な姿勢で野球に取り組んでくれるだろう。将来きっと日本を代表する打者となる。巨人という何かと注目されるチームに、しかもドラフト一位で入団し期待されてしまうだろうが、焦らず自分のペースでやっていってほしい。松井やミスター、是非岡本に技術指導を。


天理高校出身、早稲田大学の中村内野手もなんと千葉ロッテのドラフト一位指名。中村は高校時代は強打の外野手として活躍、甲子園にも複数回出て非常にポテンシャルの高い選手だった。早稲田大学では長打も打てるアベレージヒッターとして一年から活躍。内野守備もマスターし、オールラウンドプレイヤーとして大きく成長した。ロッテは私のイメージでは毎年のようにレギュラーが入れ替わり、一芸に秀でた選手が多い。中村は走攻守全てで高い能力を持つが、それをプロレベルでも表現できれば、即戦力として開幕から試合に出ることも可能だろう。全盛期の井口のような選手を目指してほしい。


最後に日本ハムに6位指名されたのが大和広陵の立田将太投手。正直、最後の夏の大会で思っていた投球ができなかったことや、大和広陵に進学した経緯(肩を消耗品と考え、酷使を嫌い強豪校を避けて地元の無名公立に入学)もマイナスとなり指名されない可能性は充分あった。ストレートの威力もあるし、本来はコントロールも決して悪くはない。しかし、ピンチになるまでは本気で投げなかったり、本気で投げたらキャッチャーがパスボールする事も多々あった為、実際彼が身体やキャッチャーの事を考えずに思い切り投げたらどれぐらいの球を投げるのか正直よくわからなかった。それでも、栗山監督が指名してくれたのは、彼が熱闘甲子園のキャスターをやっていて無類の高校野球好きだということが大きかったんだと思う。現に立田以外にも、横浜の浅間と高濱といった指名当落線上の選手をこぞって指名した。栗山監督は非常に男気があり、彼らのポテンシャルに掛けたい気持ちが強かったのだろう。


私としても、いよいよ立田の本気の投球を見れるんだろうかと期待している。立田は外見はヤンキーみたいで強面だが、非常に純粋で心穏やかな選手。野球に対する取り組みも誰よりも真面目。毎朝登校前の早朝にランニングをし、指名されるかわからない状況でも新人合同合宿で遅れをとらないようにと後輩と一緒に今も練習している。入学当初明らかに立田と比べてレベルが低かったチームメイトにも熱心に打撃を教えたりし、チームは確実にレベルアップ。最後の夏は大和広陵のチームメイトが立田を助ける試合が目立った。二年の夏には、自分がサヨナラ打を打たれ、先輩に申し訳ないと涙を流した。最後の夏、ライバルの岡本をなんとか抑えようと智弁学園の試合を1人球場で観戦したり。純粋でいい高校生なのだ。連投はしないという自分に課したルールも全てはプロになる為。その夢が現実になって本当に良かった。


http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580001373311080954


3人とも、これからが本当の勝負になるがひとまずプロ野球選手になれて本当におめでとうと言いたい。特に、岡本と立田にはこの三年間本当に奈良の高校野球を盛り上げてもらったし、良い夢を見させてもらった。いつか、日本シリーズで2人の対決が見れるなら、東京ドームでも札幌ドームでも行くだろう。非常に良い気分だ。自分も彼らに負けないよう頑張らないと。