やはり日本の大学教育は腐っている

 
http://qbiz.jp/sp/article/55587/1/

久しぶりに愚痴日記を書いて少し元気になったので、続けてもう1日記書いてみる。奨学金が返還できなくて自己破産したというニュースに対して、私は怒りを感じる。勿論、教育界に対して。


この日本で最も不平等なことは子供に与えられる教育機会だと思う。私の育った家庭は決して裕福では無かったが、金銭感覚がしっかりしてる母が共働きまでして大学まで行かしてくれた。当時はそれが当たり前だと思っていたが、そんなことは全くなく、今は両親にただただ感謝している。


そんな普通の家庭で育ってきた私でさえ、学生時代に私立に行くような奴を内心僻んでいた。というか、私立の小学校や中学や高校の存在意義がわからなかった。なんなんそれ、不平等じゃんと思っていた。自分が育ってきた家庭の裕福さなんて子供には選べるわけがないし、どうにもできない。勿論私は大学以外は私立は受けさえしなかったし、行きたいと思ったこともなかった。ただ、部活で私立の相手とやる時は普段以上に力が入ったりはした。大学で私立に入ってしまったことに対して、今は両親に申し訳ない気持ちしかない。


大学に入るとよりそのような現実に直面する。付属高校からエスカレーター式に上がってくる人を見ると、勉強はしてないけどやたら海外の経験が多かったり、一芸に秀でているのである。雰囲気も明らかに良いとこの出で、女性ならお嬢様か外人みたいなノリの人ばっかり。私は勉強して入ったにも関わらず彼らに劣等感を抱いてしまった。


大学でさらに差が出るのが奨学金。遠方から来てバイトしなくても生活できるぐらいの仕送りを親からもらう人もいれば、授業とバイトで大学四年間終わってしまうような人もいる。ある人は海外留学や旅行を親の金でできるが、ある人はその為に身を粉にしてバイトしなくてはならない。社会人になって思うがバイトで貯金するのって本当に非効率だ。あんなに働いて、たったこんだけと今なら愕然とするだろう。


教育機会=要は金なのである。それが多少の差、金持ちと我が家のような差なら本人の気の持ちようでどうにでもなるが、どうやっても埋められない差がある場合、不平等、残念としか言いようがない。


その不平等をどうにかしなきゃいけないのが教育界なのだが、何故かこの業界には全くメスが入らない。民間企業のように生きるか死ぬかの競争を経験しない彼らにはエッジの効いた改革などできやしない。

奨学金とかやる前に授業料もっと安くしろよ。特に大学は酷い。あのしょーもない授業であんなに金取るとか、企業なら詐欺と言われるレベルだと思う。中には90分のうちの半分も授業しないで終わりにする教授もいたし、明らかに教育者とは言えないオタクみたいな輩が多かった。一応私が通っていたのは私立では西日本一の偏差値の大学、もっと低いところはもっと酷いのかもしれない。


しかも、完全自己責任。就職が決まらない学生に対する支援なんてものはないし、そもそも就職活動が何たるかも先輩に教えてもらったわけで、学校からはほとんど何かしてもらった記憶がない。そりゃそうだ、教授は就職活動したことないか、失敗して今の仕事やってるんだから。大学という箱をレンタルさせてあげるからあとは学生達の好きなように四年間やりなさいというのが日本の大学、特に文系の現状である。


学生を金づるにして教授達がやりたい研究の為の資金を集めているようにしか思えない。ごく一部の超優秀な学生を除いて、大多数の学生はただの金づるというわけである。私が毎年多額の金を払い、得たものは友人と学歴だけだ。それでも価値はあったのかもしれないが、学歴と呼べるものも手に入らない大学生は詐欺の被害者にしか見えない。こんなことが何故当たり前にまかり通っているのか。


今回のように、奨学金のせいで人生滅茶苦茶になっている人は実際少なくないだろう。学生を助ける為の制度が学生の人生を滅茶苦茶にしているのだ。せめて、高校までの奨学金ぐらいは免除してあげるべき。今の日本の現状、高校まで義務教育みたいなもんじゃないか。


そして、子を持つ親は目を覚まさなくてはいけない。私は大学は私立に行ってしまったが、それまでは公立で学んできた。塾も行ったことはない。正直何の不満も無かったし、勉強なんて教わるものではなくて自分の意志でやるものだ。どこでやろうがその気になれば学歴と呼べるものが手に入るぐらいの大学には受かる。何が言いたいかと言うと、無理して私立なんて行かすなということである。私立に行かすぐらいなら、良い塾に通った方がよっぽど受験には効果がある。何故なら彼らは民間企業だから、生き残る為に必死に知恵を絞っているからだ。


そして、学歴と呼べるものが手に入らないレベルの大学なら行かないほうがいい。少なくとも偏差値65ぐらいはないと就職活動で学歴としては見てもらえない。人気企業には入れない。景気が悪けりゃどこにも就職できないかもしれない。得られるのは大卒という肩書きだけ。そのために400万払いますか?それなら専門学校とかで手に職つけた方がいい。この競争社会、零細企業はいつ潰れてもおかしくない。大卒という肩書きでそんな企業に入っても潰れたら終わり。それならまだ専門スキル持ってる学生さんの方がつぶしが利く。

さらに幸い今はネットが発達している個人の時代に突入している。学歴がなくても成功できる可能性は飛躍的に増えている。400万あれば起業もできるし、その方が大学教育よりもよっぽど身になる経験ができるはず。


私立に行かせる親が減る→学校側が焦る、授業料を減らす。改革が進まない現状ではこのパターンを狙っていくしかない。そこまできて初めて行政も動くのだと思う。奨学金が返せなくて自己破産?は?ふざけんなよとまじで思う。今回の件で少しでも教育機会の不平等がなくなることを期待したい。あまりにも酷すぎる。