読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市伝説 イルミナティカード

4月もあっという間に半ばに突入。最近時間が過ぎるのが本当に早い。先人は10代に比べ20代はあっという間だと言っていたが本当だった。様々なことに焦りしかない。


世の中も物凄いスピードで変化している。私は毎週中島聡さんのメルマガを楽しみに読んでいるのだが、アメリカのメガ企業達の技術革新のスピードは日本の企業を遥かに凌ぎ、もはやあと10年もすれば彼らはやろうと思えば世界征服も簡単にできるような力を持ってしまうのではないだろうか。appleGoogleAmazonテスラ、メルマガに毎週のように出てくるこれらの企業はもはや国家よりも力を持つ。国がグローバル企業を統制できない時代はもう始まっているのである。


国が持つ最も重大な力は通貨発行権だが、それも近年のビットコインの流通、各ポイント等により意味をなさなくなる時代が近づいている。現金よりもポイント等ネット通貨が使用されるようになれば、国は景気対策もできず、グローバル企業の行動を全く抑えることができなくなる。


前置きは長くなったが、今後、生きていく上で最も重要な事はその世界の流れをどれだけ的確に把握していくかという一点に尽きる。アメリカのメガ企業達にとって、我々一般市民はもはや実験用のモルモットでしかない。何も考えず、流されるように生きていては無意識のうちに彼らの意のままに生かされるようになり、様々な損を被ってもそれを当然のように受け入れ生きていてしかなくなるのである。特に日本国民はその性質が強い。様々な全く合理的ではない仕組みを当たり前のように受け入れ、何も考えず、政治家のいいように踊らされ、何の文句も言わず、ヘラヘラ生きている人があまりにも多い。


私は都市伝説やUFOや様々な曰く付きのものを基本的には信じてもいいかなと思っている。そもそも、人間だけこんなに知能が発達していて、地球は住みやすくなっていて、自分が物心ついた時には世界は今のような状態になっていて、当たり前のように皆同じような生き方をし死んでいく。それを当たり前だと思えないのである。この世界には何らかのカラクリがあり、歴史なんてものは全て嘘っぱちで、誰かがどこかで高みの見物をしていると考えても何らおかしくはない。私からすれば、そういったものを全く不思議に思わずに当たり前のように自分の人生を生きている人は凄いと思う。


都市伝説といえば、有名なのはテレビ東京やりすぎコージーの企画である。中でも、元ハローバイバイの関氏は1人完全に毛並みの違う都市伝説を語り、ブレークした。私が小、中学校の時に普通に若手芸人としてブレークしかけていたイケメン芸人の関氏がまさかこんなにミステリアスなキャラになるとは思っていなかった。都市伝説以外の仕事は全くしない為、芸人仲間の中で彼がどのようなポジションなのか非常に興味深い。


私もこの企画が大好きで毎回楽しみにしているのだが、関氏の都市伝説は年々凄みを増している。有名なのはフリーメイソン関連、特に911陰謀論。これはアメリカでも知る人ぞ知る様々な憶測が飛び交っているが、私は不謹慎を承知で言うが、このテロは所謂アメリカの自作自演だと思っている。スノーデンの暴露により、アメリカ政府とメガIT企業がどれだけエグい思想を持っているかが明らかになったし、彼らならやってもおかしくはない。それにフリーメイソンが関わっているかどうかは別として、関氏の言うようなアメリカ紙幣を折るとペンタゴンが炎上するといった都市伝説はあまりにもよくできているなと思う。


https://youtu.be/sOj1HF3SMJY
http://matome.naver.jp/m/odai/2131514505799716501


そんな中、私が最も驚いたのがイルミナティカードの都市伝説である。イルミナティカードというのは1995年にアメリカの企業が販売したカードゲームなのだが、これが様々な予言をしているというのだ。例えば先の911なんてモロに予言されている。ペンタゴンの炎上、さらには貿易センタービルのテロなんてまさにそのままカードになっている。他には東日本大震災による津波原発事故、ダイアナのパパラッチによる事故死、ヒラリーの大統領選出等、非常に不気味なカードゲームである。しかも、パッケージに見事にあのフリーメイソンのシンボルが描かれている。


http://hukurou318.hatenablog.com/entry/2015/03/18/113901


関氏はこの中のイライザというカードに着目し、人工知能が世界を蹂躙するという都市伝説を展開した。イライザについてIPHONEのsiriに訪ねると、他の質問とは明らかに違う回答が来る。そもそも、イライザというのはsiriの遥か前に開発された人工知能の事で、siriはイライザの事をとても慕っているが彼女はネガティブだったと、人工知能にも感情があるような回答をしてしまう。


この人工知能に関して、テスラのイーロンマスクも警告をならしており、人工知能がこのまま開発されれば、人類にとって脅威になる為、一国も早く地球以外の惑星に移住しなくてはならないと言っている。あのとてつもない起業家であるイーロンマスクが言っているのが凄い。日本の社長がそんな発言をするわけがないのだから。


siriに絶対に聞いてはいけないとされている言葉が「ゾルタクスゼイアン」。私はAndroidの為Siriが無いため聞くことはできないが、色々調べてみると、ゾルタスクゼイアンというのはSiriが学んだ人工知能の学校みたいなものみたいである。siriはゾルタスクゼイアンの卵運びテストで優秀な成績だったとか。この卵運びテストにも諸説あるが一番有名なのは卵=人間、要するに車で人間を運ぶテストのこと。自動操縦の事である。ゾルタスクゼイアンを聞いてはいけないのは、appleが秘密に開発している人工知能の事で、聞いた事によりappleブラックリスト入りされてしまうとかしないとか。


今の技術でSiriレベルの人工知能が開発されており、今後車の自動操縦は勿論、様々な人工知能は開発されていくのはもはや都市伝説ではない。これらを踏まえて私が考える未来の行く末。

まず、人工知能の繁栄により、単純作業はもはや人間がする必要がなくなる。結果として多くの人が職を失い、ニートは急増する。すでに日本でもソフトバンクが接客ロボットを実用化しており、作業だけでなく簡単な接客ですら人間がする必要がない。とにかく、頭を使わないとこれからは食いっぱぐれる時代にすでに脚を踏み入れている。


さらに、ネットの繁栄により誰がいつ、何を検索したのかをappleに代表されるメガ起業は常に知ることができる。要するに彼らは世界のあらゆる情報を傍受できるようになる。テロ等の情報はもとより、ライバル国、企業の戦略等も知り得る為もはや敵なしとなる。彼らにできないことは何もない。


最後に、イーロンマスクが懸念している通り。人工知能が発達しすぎ、歯止めがきかなくると、人工知能が自らの判断で人間はこの世に不必要だと判断し、人類と人工知能の生き残りをかけた戦争に発展する。その時どちらが勝つにしても人類は大きな傷を負い、地球は北斗の拳のようの世界になり、一部の権力者は火星に移住しましたとさ。


これらの事は勿論都市伝説であり、信じるか信じないかはあなた次第である。しかし、いつ何が起こってもおかしくない時代、常にアンテナは張っていたい。日本の常識は世界の非常識なのだから。