大阪都構想は地方再生最後の砦

大阪都構想の実現がついに最終局面を迎えている。橋下徹が府、市長になって以来ずっと取り組んできたこの大阪都構想、私はすんなり実現できるものだと思っていたが、思わぬ苦戦を強いられている。住民投票を前にして、世論調査によれば賛成、反対派がっぷり四つ。正直、反対している大阪市民の考えが私には全くわからない。しかし、もしこの大阪都構想が実現できなければ、私は日本の地方再生は五十年は遅れるだろうと思う。


私は関西出身の為、この大阪都構想を巡る議論は何度となく見てきた。はっきり言ってしまえば、悪しき日本の地方政治の縮図。全く合理的ではない意味不明の仕組みや利権が堂々とはびこっていて、それを守る為に政治家は様々な理屈をこね回し市民は自分で考える頭を持たずただ流されるようにその意味不明な仕組みを影で支え続けてきた。そんな腐りきった、大阪をなんとかしようと手を挙げたのが橋下市長だったのだが、変化を極端に嫌う老害、保守的なメディアの邪魔に次ぐ邪魔の連続、かなり遠回りしながらここまで来た。


大阪のこれまでの体たらくは私も橋下市長と同じ考えで、歪な二重行政によるところが大きいと思う。大阪府大阪市が独立した同じような力を持つことによって、様々な無駄な税金の使われ方がしてきた。学校や図書館や病院や都市開発にまで至るあらゆる施設がダブって建設され、その結果、採算が取れず破綻しているものがたくさんある。特に大阪市議会を保守的な老害が支配しており、ゴミ収集や鉄道等様々な利権が絡む事業の民営化を拒み、あらゆる改革を止めてきた。しかも、市民は大阪=日本の商業処という古いプライドに洗脳され、大阪がどれだけ時代遅れで赤字垂れ流しなのかという事実を現実視しない。今のままで良いという老害の思想がはびこり、大阪出身の人ですら、就職は絶対東京でしたいという友人はたくさんいた。このままでは、大阪には若者は居なくなり、どんどん関東の1人勝ちが進むだろう。


私も色々な地域で働いて来たが、この落ち目の関西で働くぐらいなら、福岡や名古屋で働く方が楽しそうだと感じている。大阪だけじゃなく、神戸も完全に落ち目。京都、奈良も歴史という過去の遺産に頼りきり。和歌山は田舎過ぎる。滋賀だけが必死に地方行政を行い、成長を続けている。自分の出身を悪く言いたく無いし、いいところはたくさんあるのだけど、ほんとに皆保守的。変化を嫌う地域性がある。


そんな中でも橋下市長の努力により、落ちぶれた関西の中で大阪は着実に再生し始めている。赤字から黒字への転換、再開発による時価総額の上昇。私もたまに地元に帰る時必ず立ち寄るのだが、梅田近辺の再開発は非常にうまく進んでおり、特にグランフラントは東京にも負けない素晴らしい環境だと思う。橋下さんがもし出馬しなければ大阪はもっとやばいことになっていただろうし、この大阪都構想を市民が受け入れるかどうかは本当に非常に大事な局面なのだと市民には理解してほしい。


できることなら、私も大阪市民の代わりに住民投票に参加したいぐらいである。橋下市長は言わば我々若者にとって、最も力を持つ代表なのである。この日本にはびこる悪しき保守的な仕組みを真正面からぶっ壊してくれる唯一にして最強の切り札。彼が負けたらもはやこの日本の政治には何も期待できない。少子高齢化という絶望の中、我々若者は長生きするであろう老害の為に様々な不合理な仕組みを我慢しながら生きて行かなくてはならない。自民党が強い限り、若者が割を食う政策にしか絶対にならない。民主党はそもそもの考え方が意味不明。


橋下市長の性格的に、もしこの大阪都構想で負けたら、もう政界には戻ってこないと思う。逆に大阪都構想に成功すれば、大分先にはなるだろうが、道州制を始めとした本当の地方分権にも尽力してくれるだろう。今の中央官制では地方は何も成長せず、若者は日本自体に絶望しどんどん海外に行ってしまうだろう。我々の世代はとにかく日本って面白いなぁって感じさせてほしいのだ。


そういった意味では、この大阪都構想の戦いは、今後の日本の地方行政そのものを占う大事なことでもある。私の考えでは、大阪都構想はメリットしかない。反対派の人が言う理屈は全く合理的ではないし、既得権益を守る為に市民を騙そうとしているようにしか思えない。


勿論、ご年配の人からしたら、橋下市長の性格は好きになれないかもしれないし、今のままで良いと考える気持ちもわからないではない。しかし、まだ頭の回る我々の世代からしたら、今の仕組みは意味不明でしかない。合理的ではないのだ。


どうか、大阪市民の方には、橋下市長の好き嫌いではなく、純粋に大阪都構想の内容を吟味して是非投票に参加してほしい。特に若者が今こそ声をあげないと、せっかく出てきた我々の世代を代表して戦ってくれる救世主を孤立無援で死なせてしまう。少なくとも大阪は、他の地方のように、老害が支配し、若者がいなく、活気がない、変化がない、ただ落ちぶれていく地域になってはいけない。何としても大阪都構想、橋下さんには最後の力を振り絞り、結果に拘り、頑張ってほしい。