NHKから国民を守る党 ついに政界へ

最近自分の友人や応援していた人から嬉しい知らせが来る事が多く、自分もがんばらなければと思ったり、そろそろ自分の努力にも何かしらの成果が出ないかなと思ったりしている。す


大学時代の友人がついに弁護士になった。これは本当に素晴らしいことである。以前司法試験に通った際も日記に彼との学生時代の思い出を書いたことがあるので、今回は特に書かない。しかし、大学入学時から偏に自分の目標に向かい勉強し続け、ついに夢を実現した。私ももう一度自分の夢と向き合い、普段の仕事からもっとギアを入れ直してやってかないとなと最高の刺激となった。人生はこれがあるのだ。ずっと芽がでなくても、周りより少し遠回りしても、慢心せず、卑屈にもならず頑張っていればいつか結果として現れる。諦めないことがなにより大事なのだ。



私をさらにそんな気持ちにさせてくれた出来事が先月にも起きていた。


船橋市議選でNHKから国民を守る党の代表、立花孝氏がついに当選したのである。知らない人がまだまだ多いと思うが、立花氏は元NHK職員で内部告発の後クビになり、NHKをぶっ壊すをスローガンをもとに主にネット上でNHKの集金人の悪行に立ち向かったり、未払い裁判を視聴者の代わりに行ったり、様々な活動を行っているジャーナリストである。


私は彼がまだ大阪で活動している時にYouTubeでたまたま動画に出会い面白い活動してるなと興味を持ったのが知ったきっかけだった。最初の印象は法律に詳しい大阪のおっさん。明らかに不条理なNHKの集金活動や裁判での主張に対し、弁護士を雇わず、基本的には裁判所にも行かず、これまでの常識では考えられなかった判決を勝ち取っていった。勿論、内部情報を知っているという背景はあるものの、それ以上に法律をよく勉強しておりただのパフォーマーではないなとその時から思っていた。


そもそも私もNHKが大嫌いだった。受信料を払わなければならない理屈も理解できないし、簡単に言えば悪しき日本の古い体質を体現しているような企業風土も大嫌いだった。少子高齢化により年々衰えていく日本そのもののような集団。老害。詳しくは先月にネット受信料の事で日記を書いたが、彼らの活動には一切の合理性が無い。


そんなこともあり、私は立花氏の活動を密かに応援するようになった。実は株券も買いそれなりの金額を彼に投機している。私の普段の投資スタイルとはかけ離れた金を溝に捨てるようなギャンブル投機だ。それでも、何というか、少しでも力になりたかったのである。勿論、彼の活動がうまく軌道に乗れば忘れた頃に返してもらう気ではいる。


しかし、実際、私はこの二年程、彼の活動にそんなに注目していなかった。自分の事に精一杯だったし、純粋に飽きたとも言えた。心の片隅にあった株券を購入したことすら忘れていた時期もあった。私の最新情報では大阪のどこかの市議選に立候補し敗れたというところまで把握していた。そう、彼はネットでの活動に止まらず、実際に選挙に立候補し政治家としてNHK問題を取り扱おうた考えたのである。


結論、私が注目しなくなった時間に立花氏は他の地区での立候補もし関東に拠点を移していた。しかし、目立った成果はあげられなかったようで、選挙期間以外はネットでの活動に力を入れ、前向きに頑張っていたみたいだ。


今回久しぶりに立花氏の動画等を見出したのは車検が近づいており、そういえばそれなりの金額を彼に投機してたなとふと思い出したからである。また、NHKがネット受信料を取るとか言い出して立花氏の活動が気になったこともある。私が思い出したタイミングがばっちりで、先月のちょうど船橋市議選の結果がでたぐらいだった為、私が久しぶりに見た彼の動画は選挙に当選したという嬉しい報告であった。


https://youtu.be/WyAGcoWBkC4

私はそれなりの金額を彼に投機しながら、心のどこかで選挙なんて通るわけない、完全に迷走し出したなと思っていた。しかし、私は立花氏の気持ちを舐めていたようである。長い年月、毎日コツコツと活動を続け彼はついに当選し、政界に進出した。素晴らしいの一言である。


少し話は変わるが、以前大阪の橋下市長と在特会の桜井代表が公開喧嘩をした際、橋下市長は桜井氏に対し、意見したいことがあるなら政治家になって活動すればいいと言った。私はその通りだと思う。どんな団体を作って抗議しようが結局政策を決めるのは政治家。それならば、政界に進出した方がやりたいことができるに決まっている。

立花氏はその橋下市長の振りかざした正論通り、しっかり選挙に立候補し当選した。これからは正々堂々とNHK問題を世の中に問題提起することができるのである。


まずは悪質な集金活動を取り締まる地方条例の制定等小さな事からコツコツとやっていくしかない。しかし、今まで居なかった明らかに異端な経歴や思想を持つ政治家の誕生にNHK以外のメディアには注目されることになるだろうし、そうなってほしい。


あくまで勝負はこれから。船橋の市議会がどんなものなのかわからないが、今後様々な妨害があることが容易に想像できる。しかし、これだけ明らかな営業妨害をしてきた立花氏に今までNHKは大した反撃もせずにいた。それは立花氏の主張が一理も二理もありそういった思想を公にしたくなかったからだと考えられる。例えば、スクランブルの実施。受信料を払わない人には放送が見れないようにすればいい。その技術があるにも関わらず、NHKはやらない。何故なら、そんなことをしたら正々堂々と不払いする人が大量発生するからである。


何れにせよ、非常に面白い展開になった。今後NHKがどんな妨害をし、立花氏が立ち向かうのか。とにかく、もっと大きく色々な人に認知されるようになれば、賛同者は増え、もっと大きな波になるかもしれない。


私からしてみれば、この少子高齢化社会で立花氏のような思想を持った人が当選したことは奇跡に近いぐらいの感覚である。なので、今後どんな事でも起こり得る可能性はある。活動当初のNHKをぶっ壊すというスローガンもいつか実現できるかもしれない。

今の既得権益で甘い蜜を吸っている老害達は立花氏を簡単な気持ちでクビにしてしまったが、もっと慎重になるべきだった。この当選を第一波として、今後様々な不祥事も絡みNHKは追いつめられていくだろう。少なくとも、今より甘い蜜を吸うことはまずない。


本当に立花氏には驚かされた。まさにもっと注目されるべきという存在。これからも自分の信念を信じて一歩一歩進んでほしい。