読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は愛を証明しようと思う 同性愛で非モテ男は駆逐される

私が昔有料メルマガを購読していた藤沢数希さんがついに恋愛小説を書いたということで、あっという間に読み上げた「僕は愛を証明しようと思う」。予想に反して、非常に面白かった。


初小説だが、外資系金融マンという表の顔とは別に、主にネット世界で活躍している藤沢数希はこれまで金融や原発等の本も出しており、文章力は折り紙つきであった。しかし、小説となるとやはりストーリーとかもあるし、そんな面白いものは・・と思っていたが、全然問題無かった。あっという間に読み終えた。


何がそんなに面白いかと言うと、女性のリアルをこれまでかと的確に描いていることである。私も様々な経験があるが女性というものはとかく嘘つきで、一途に尽くす男が嫌いで、ダメなヤリチンが大好きな生き物であるということにいつからか気づいたが、その辺がリアル過ぎて思わず笑っちゃうのである。


非モテコミット。こうなったらもう最悪だ。思えば思う程相手から距離を置かれ、散々尽くしたのに相手は簡単に他の男に抱かれるのである。私はもともと尽くし型の人間の為、ついついこの非モテコミット状態になりそうになるのだが、藤沢数希氏のメルマガを見てからは極力八方美人になり相手を安心させないようにしている。そしてやはり、その方が恋の成功確率も高い。


しかし、知れば知るほど女性がわからなくなる。モテる男を好きになるのは当然だと思うのだが、一度付き合うとその男に何故かやたら執着するのがわからない。客観的に見れば全然大したことない男と離れられず、グダグダ付き合って不幸せオーラ全開の人とか見るに耐えない。挙げ句の果てには友人も失い、ボロボロになって捨てられる女性を何人も見てきた。それ程、女性にとって付き合うとか、セックスすることが重要な意味がわからない。それだったら、ビッチと言われようが色んな男と付き合って、本当に良い男を選り好みしてる女性の方がよっぽど健全だ。


私もこの作品の主人公のように、尽くせば尽くす程離れていく、浮気すればするほど愛してくれる女性にある種の虚無感を抱いた時期があった。というより、今がそんな時期である。少なくとも、自分はやはり浮気されたらその人は無理だし、尽くされれば嬉しい。なのに、女性はなんでこんなにもどうしようもないのだろうと。明らかに幸せになれる簡単な選択ができないのだろうと。


ただ、そんな中でも、自分が非モテコミットなアプローチしかできなかったのにも関わらず、自分の事を好きになってくれる人と巡り会えた。この作品の主人公のラストと同じように今までとは違う人と巡り会えた。この先どうなるかわからないが、この人を本当に大事にしたい。



藤沢数希氏の提唱する恋愛工学は大体において正解だと思う。勿論、最低限の外見やオシャレは必須だが、この作品のようなアプローチはかなり成功確率は高いだろう。それは私もリアルに経験済みだ。

しかし、やはり私は外見の影響力はそれ以上に計り知れないと思う。ブサメンが恋愛工学をマスターすれば、それなりにモテるだろうが、イケメンが恋愛工学をマスターすれば、そりゃもうやりたい放題、そのぐらいの差はやはりある。

外見もある程度は誤魔化せる。筋トレで体系を整えたり、オシャレして清潔感だしたり。なんやかんやそれが一番大事だと私は思う。


これから、恐らく恋愛工学は凄まじいスピードで広まっていき、例えばドラマ化や映画化も待った無しになると思う。しかし、外見を気にせず、中途半端な理論でいきなりフィジカルアタックをしかけるようなキモ男はセクハラや迷惑防止条例に摘発されすぐさま地獄行きとなるだろう。また、そういった男達から恋愛工学は否定され、日本は恐らくそちらが多数派の為、世間的には大した影響はないと思う。


それよりも、私が期待したいことがある。この恋愛工学を多数の女性が知ることで、女性の恋愛観に変化が訪れることだ。私は一途に尽くす男の魅力にもっと気付いてほしいのである。ワンナイトラブを美化したり、離れそうになる男に執着するのではなく、生物学的な欲求を遮った上で本当に良い男とはどんな人間なのか。それを考えてほしいのである。多くの女性がもっと幸せになる為に。



ちなみに、恋愛工学が広まれば広まる程、セックス格差はどんどん広まっていき、子孫を残せない男の遺伝子は淘汰されていく。それに加え、私は大和男児に警笛をならしたい。これからは、男だけで女を奪い合う時代ではなくなるということを。

アメリカ全土でついに同性愛が認められることとなった。もはや、女性はめんどくさい恋愛をして男と一緒になる必要はなくなったのである。


それは女も一緒じゃないかと思うかもしれないが、あくまで私の印象だが、周りにレズのカップルは今まで何組もいたが、ゲイのカップルは見たことがない。女同士のカップルは現状でもかなり多い。私の知り合いにもいるのだが、彼女らは一度カップルになるともはや男と一緒になる気を無くす。熟練のプレイヤーでも、彼女らの仲を引き裂き、どちらかを奪い取るのは至難の業だろう。女の気持ちはどうやったって女の方がわかる。


男にとっては非常に厳しい時代となった。せめて、グッドダッドとして結婚適齢期の女性に魅力的に見えるよう仕事はしっかりやらないと、ほんとに結婚できなくなってしまう。