読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪桐蔭不在の甲子園 近畿勢復活なるか

今年の夏の高校野球も出場校が出揃った。今年はなんと言っても早稲田実業のスーパー一年生、清宮君がメディアから異常な注目を集めている。かつて一年生の時点でこれほど注目を集めた選手がいただろうか。長年高校野球ファンである私としては、正直ちょっと異常さを感じる。


確かに、清宮君の素質は素晴らしい。打率5割で打点10、一年生の成績としては申し分ない。しかし、いわゆる怪物と言われる程の成績でもないと思う。今までも全国見渡せば一年に一人ぐらいはいたはずである。しかも、正直今年の西東京のレベルは非常に低かった。春大阪桐蔭に為すすべもなく大敗した東海大菅生が夏も圧倒的な優勝候補とされていたし、このレベルなら打率5割というのはまぁ、いてもおかしくないレベルだと感じる。


それでも、彼がこれほどまでに注目されてしまうのは、伝統のある早稲田実業にいることと、私は昨年のアメトークが原因じゃないかと思う。昨年のアメトークでとんでもない中学生がいると渡部が紹介したのが清宮君だったのだが、私はそれを見て、中学生が全国ネットで名前を晒されるのかと凄く心配になった。バラエティーであまりに軽く語られたが、正直、これはだめだと思う。


早稲田実業は奇跡的な勝ち上がりで甲子園出場を決めた。清宮君はこれからもいらぬ注目を集めて大変だと思うが、あまり周りの雑音を気にせず、のびのびと甲子園を楽しんでほしい。


さて、今年も出場校が出揃った。私はやはり自分の出身である近畿勢に注目してしまうが、今年はなかなか各地域波乱が多かった。


まず、私の出身である奈良は今年も波乱なく天理が優勝。言いたいことは一言だけ、天理よ今年こそは甲子園で大暴れしてくれ。今年の奈良大会は二回戦で天理と智弁が対戦するという組み合わせとなったが、そこがやはり事実上の決勝戦だった。なんとエースの斎藤が故障で投げれず、レフトの富木が大会を通してエース級の活躍。変則的なフォームから繰り出される荒れ玉を武器に果敢にインコースを攻め、智弁打線を全く寄せ付けなかった。


今年の天理は秋も近畿大会優勝する等、前評判は非常に高かったが、選抜は二回戦敗退と不完全燃焼。この夏も富木、森浦の投手陣は力を出したが、打撃陣はまだまだ荒く、エラーも目立った。正直、春からの成長はあまり見られなかった。これが甲子園を見据えた調整であればいいのだが。


甲子園では勿論組み合わせにもよるが、今年のチームなら最低でもベスト8には行ってほしい。いくら荒くても、一番船曳から八番前久保まで全く安心できない打線は魅力的。問題はやはり投手陣。斎藤、富木は恐らく全国の強豪には通用しない。強豪相手には森浦の登板が不可欠となるだろう。


和歌山は久しぶりに智弁和歌山智弁和歌山の弱体化が和歌山の甲子園での連敗の原因なのは間違いなく、今年こそはと期待する和歌山県民も多いだろう。今年もし智弁が勝てなければ、和歌山はこれから長く低迷期を迎えるだろう。今年の智弁は守りのチーム。エースの斎藤に全てが掛かってると言っても過言ではない。打線は主軸は全国屈指の実力があるだけに、そこまでにいかにランナーを出せるか。しかし、智弁はいっつも強いとこと初戦で当たるイメージ。格下に取りこぼしはしないだろうが、斎藤レベルを打てる全国の強豪には勝てない。しかし、智弁和歌山が出ると勝敗関係なしに楽しみが膨らむ。


大阪は大阪偕生が初出場。大阪桐蔭を倒して激戦の大阪を勝ち抜いたのだから、強いのは間違いないのだが、やはり甲子園では大阪桐蔭程の期待はできない。大阪桐蔭以外の大阪は正直他の近畿代表と同じく、全国では弱い部類に入る。結果は気にせず、フレッシュさを全面に出して、派手な試合を期待したい。早実とかと当たって大勝してほしいけどなぁ。


京都は鳥羽。京都も昨年春に平安が優勝したものの、近年弱体化が止まらない。平安ならばエースの高橋の快投で勝ち進めた可能性はあるが、正直今年も厳しいと言わざるえない。鳥羽は強力打線で予選を勝ち抜いたが、秋に奈良大の坂口に手も足も出なかった印象が強い。全国では恐らく点は取れないだろうから、エースの松尾君のピッチングが鍵を握る。


兵庫は滝川第二。正直全く見てないのでわからない。機動力が売りらしい。兵庫も近年の弱体化が凄まじい。春の近畿王者の神戸国際を破った明石商を破ったのだから強い・・とならないのが近年の兵庫代表。前回出てきた時のようなチーム力だと、組み合わせに恵まれない限り
厳しいだろう。


滋賀は比叡山。古豪のイメージ。大阪桐蔭以外の近畿勢がつきなみ弱体化していく中、滋賀勢はしぶとく勝ちを拾っている。春の近畿で活躍した北大津でも、小川のいる近江でも、大阪桐蔭を倒した彦根東でもなく、なんで比叡山。こちらも正直厳しいだろう。しかし、滋賀勢は初戦でそんなに強豪と当たらない為、もしかしたら今回最後まで残ってるのは比叡山かもしれない。



近年、大阪桐蔭を省けば、夏の大会は近畿勢は全国最弱地区である。そして、今年はその大阪桐蔭がいない。昨年夏、今年の春と完全に東高西低の中唯一成績を残していたのが大阪桐蔭だった。今年も関東、東北、東海、北信越は強そうである。果たして、近畿勢は大阪桐蔭抜きで結果を残し、復活を果たす事ができるのだろうか。


その鍵を握るのはやはり天理である。それこそ、今年のメンバーは清宮君までいかなくとも近畿のエリート集団なのだから、なんとか久しぶりに長く甲子園を楽しませてほしいものである。


全国的に見れば、やはり春夏連続出場を果たしているチームが中心となると思う。平沼以外の投手を使う勇気があれば敦賀気比の春夏連覇も十分に可能性はあると思う。


組み合わせも決まってない段階でまたまた予想だが、優勝は天理、準優勝は興南と予想。天理は期待込みとかじゃなく、その戦力はあると思っての予想である。一応、私は春の敦賀気比優勝を当てている。だから、天理も何とか頑張ってほしい。