セクハラを防ぐには社内恋愛禁止にするしかない

ミスチルのかの名曲、ありふれたlovestory~男女問題はいつも面倒だ~を久しぶりにたまたま車で聞いたのだが、いつ聞いても心に突き刺さる。最近のミスチルしか知らない世代は是非、深海を聞いてほしい。

 
特に男女問題が面倒になるのが仕事においてである。私は先日、とあるきっかけで職場内のセクハラについての話を聞くことになった。その際例に出されたのが、サイゼリヤで副店長によるセクハラにより女性従業員が自殺してしまった事件だった。


その副店長は自分が既婚者であるにも関わらず、職場で体を触ろうとしたり、家をしつこく訪問したり、一緒に死のう等と発言し、結局被害者の女性は自殺してしまった。最悪な事件。被害者の親族は会社にも刑事責任があるとして、サイゼリヤに対して損害賠償の裁判を起こしている。


正直、サイゼリヤの管理責任は疑いようがないが、店長に比があるかと言うとやはり気づけないのも致し方ない気もする。人間というのはどこまでも残忍な生き物で裏でどれだけ気持ち悪いことをしていても、仕事中はケロッとしてる人もいるし、自殺してしまう程追いつめられていては恐らく被害者も他の人に相談等はできないだろう。話が来なければ、店長もまさかそんなことになってるなんて思わない。こういう場合はやはり加害者の副店長が一緒に死のうとまで言ったんだから実際に死ぬべきだと思う。罪をはたらいた人間はそれと同じ苦痛を受けるしかないというのが私の考えだ。全くタイプじゃない気持ち悪い異性に一方的にセクハラを受け、自殺してしまえばいい。


しかし、この事件を知り、私はますます男女問題が面倒だと思うようになってしまった。仕事中にそんなことにまで目を向けなくてはいけない時代になってしまったのだ。


そもそも、私はセクハラじゃなくても自殺しようとする女性と関係を持った経験があり、それ以来女性恐怖症である。その人は一方的に好意をぶつけてきて、こちらがちゃんと向き合わないでいたらそういうことになったのだが、もしその人が同じ職場だったとしたら私もこの副店長のように社会的に抹殺される恐れもあったのだ。関係を持ったと言っても相手から来るメールに返事をしていただけなのにだ。


これは恐ろしい。恐ろしすぎる。自意識過剰だが、そんな事考えてたらもはや男だけで仕事させてくれよと思うようになってきたが、そうもいかない。


だから私は仕事中、プライベートな事を全く話さない。聞かれたら最低限答えるが、他人のプライベートに全く関心を示さないし、感情も出さない。そんな自分を周りがどう思っているかはよくわからないけど。仕事の話はいくらでもするが。


そもそも、男女の問題は法律で禁止されてること以外は正直私はルールなんてないと思っている。完全に自己責任。しかも、社会人として働いている大人に対して、こういう発言はセクハラになりますよとか馬鹿げてるとしか思わない。サイゼリヤの件は完全に法律違反。不倫、ストーカーは警察につきだし、掲示罰を受けさせるべき。しかし、例えば結婚もしてないカップルで二股かけようが、そんなのは自己責任。職場内で性格が合わない異性がいても自己責任。嫌なら辞めればいい、別れればいい、ただそれだけ。


女性従業員に対して、結婚しないの?って聞くだけでセクハラらしい。なんでそこまで発言に気をつけなきゃいけないのか。だったら、もう法律で社内恋愛は禁止にしろよ。社内恋愛したら解雇とかにすれば、誰も同僚を異性として見ないし、異性として見てなければ結婚しないの?ぐらいの発言は別に問題ないだろう。


私も自分の事であれこれ考えるのも嫌だし、部下がセクハラしてないかまでいちいち目を光らせるのも嫌だから、いっそのこと職場恋愛を法律で禁止してほしい。そしたら余計な事考えないから仕事も皆もっとはかどるだろうし、大体のセクハラ問題は解決できるだろう。


とにかく、これ以上セクハラという言葉が一人歩きすると違った方向で問題が発生すると思う。しかし、サイゼリヤの副店長みたいなのは意外に普通に人間の皮を被って世間にたくさんいると思う。とにかく、人を見る目ってのはいかなる場合もとても大事なんだと思う。