中国崩壊によるメガクライシス 

いよいよ中国経済の崩壊が現実味を帯びてきた。本日の日経平均株価も一時-800円までいき、19000円を割った。アベノミクスも打ち止め、これからはいかに早く売り抜けるかのサバイバルゲームとなるだろう。


この動きはまだまだ序章に過ぎない。あのリーマンショックの時もまさかあれだけの大事になるとは日本国民のほとんど思わなかったはずである。あくまで個人的にはあの時の数倍の惨劇が中国経済の崩壊で日本に襲いかかるだろうと思っている。


中国の各地の工場で爆発が起きたり、下がり続ける株価を政府が採算度外視で買い支えまくるというのはもはや健全な国家ではない。リーマンショックはせいぜいお金にまつわることだけだった。中国の場合は、それが様々な事に繋がっていく。公害、暴動、富族層の国外逃亡、あらゆるモラルの欠如、それが日本に与える影響は計り知れない。


中国政府はその結末を何とか先延ばしにしようとかなりの無理をしている。無理した分だけ所謂メガクライシスが起きた時の威力は計り知れない。多くの日本人にとって、中国経済の崩壊は人生の分岐点になるだろう。


どう切り抜ければいいのか??守りに入るしかない。現金以外の資産を持っている人はとにかく今のうちに現金に変えておく。株や保険やローンやあらゆる金融商品の価値は近いうちにぶっ飛ぶからである。そして、贅沢は控える事である。アベノミクスの終焉と共にまた日本はデフレスパイラルに突入する。


日本の銀行も危ない。できれば現金も自分で管理するか、複数の口座に分散して預けておいた方がいいだろう。私も持っている株をすこしの損は出たが全て手放した。貸してる金もすぐに回収する予定だ。


アベノミクスでいい思いをした人は多いはず。その分売り抜けるタイミングを逃すとそれ以上の損失となって帰ってくるかもしれない。だから、とにかく早く売り抜けなくてはいけない。日本も中国に負けず劣らずの財政破綻予備国であり、株価は政府の介入により無理に吊り上げているのも同じ。その無理がメガクライシスを助長する。圧倒的高値で政府が買った株が紙屑のような価値となった時、勿論、年金は支払うことはできないし、借金はさらに増える。これ以上の借金はもはや財政破綻への架け橋となってもおかしくない。


安倍さんもそれにより責任逃れするように辞任するだろう。日本はまたデフレスパイラルに突入。失われた十年以上に酷い不景気に見まわれるだろう。


そうなれば、国は助けてくれない。私も今日から節約、本職での出世を第一目標にこのメガクライシスに備えようと思う。


堕ちるところまで堕ちた所で、株式市場に参入する。それまでしばしのお別れである。アベノミクスほんとに楽しかったよ、ありがとう。