NHKから国民を守る党 東京都知事選へ出馬

私が以前からひそかに活動を応援しているNHKから国民を守る党の代表である立花孝が東京都知事選に立候補するようである。


これには本当に驚いた。大阪で悪質なNHKの集金人を現場で片っ端から叩いていた頃から知っている私からすれば、ついにここまで来たのだなと感慨深い。彼の活動に関しては、ちょうど一年前ぐらいに日記を書いた。『NHKから国民を守る党』とググると比較的最初のほうに私の日記が出てくるぐらいまだまだ全国には彼の活動を知らない人が多いようだ。逆に言えば、私みたいな凡人でも彼の活動に少しでも貢献できるかもしれないので、今回も適当に記事にしてみる。


http://kojimm.hatenablog.com/entry/2015/05/04/224238


NHKから国民を守る党という名前の通り、彼の活動の目的はNHKを解体すること、ぶっ壊すことである。元々立花孝氏はNHKに18年勤め、内部告発ののち、クビになったという経緯があるのだが、それ故に今の悪しき日本の伝統そのもののようなNHKの暴走を許すことができなかった。具体的にNHKの何が悪いのか?


①受信料の不合理
見てない人、見たくない人も受信料を払わなければならない。しかし、実際払っていない人もたくさんおり、払っている人が馬鹿を見る制度になっている。もし全員が払えば、もっと受信料は安くなる。また、衛星放送等は料金を払わないと見れないように、料金を払わない人に対して放送を止めることもできるはずなのにNHKはそれをしない。いわゆるスクランブルの実施である。何故しないかというと、それをしてしまえば、堂々と受信料の不払いをする人が続出してしまうから。

②公共放送の役割を果たしていない
公共放送という名の下に受信料を徴収しているにも関わらず、ドラマやスポーツ中継、バラエティー等に多額のお金を掛けている。ニュースや教育だけやっていれば、もっと受信料は安くなる。

③高すぎる職員給料
NHKの正社員の年収は1800万とも言われる。これも、勿論受信料に影響している。そもそもこんなに高給な公務員は他にない。

④悪質な集金活動
放送法をほとんど知らない輩が詐欺まがいの方法で契約をしたり、迷惑防止条例を違反する夜間での訪問等、立花孝の動画に出ているだけでも悪質としか言いようのない集金人が非常に多い。しかも、大抵の場合、料金を過去に払っていた人や女性、老人等弱い人を狙って活動している。そもそも、この集金活動にも多大な経費がかかっている。スクランブルすれば集金人なんてものはいらない。

と主にはこんな感じである。他にも度重なる不祥事、汚職等もある。そんなNHKをぶっ壊す為、立花孝は活動を続けており、現在は船橋市市議会議員として正式に政治活動をするに至っている。


今回、立花孝が何故東京都知事選に立候補したかというと、勿論、NHKから国民を守る党の活動のPRになるからというのが第一だと思うが、NHK政見放送NHKの悪口を言うという前代未聞の事をやりたいと面白い事を言っている。政見放送と言えば、毎回都知事選に立候補するマック赤坂氏のそれが有名だが、確かにNHKの放送でNHKの悪口を言うというのはある意味伝説である。私も今から立花孝の政見放送が楽しみでしかたがない。


立花孝の動画を見ていると、一見やりすぎのクレーマーに見えて嫌悪する人もいるかもしれない。しかし、彼の活動は今確実にNHKに制裁を与えている。

彼はNHKに対して、これまでに数え切れない裁判を起こしてきたが、例えば受信料の時効に関してはNHKは裁判でもはや勝てなくなった。時効の延用をすれば、五年以上前の不払い金は時効で払わなくていいというのは新たなスタンダードである。

最近ではレオパレスに住んでいる人の受信料裁判も起こしている。テレビはレオパレスの所有物だから、受信料もレオパレスが払うべきだというもの。これも恐らく立花孝が勝つ。放送法では受信機を設置した時点で受信料を払う義務が発生する。テレビを設置、所有しているのはレオパレスなのだから、住人が受信料を払うのはおかしい。

さらに熱い裁判もそろそろ答えがでる。ワンセグの受信料についてである。NHKはテレビが無くてもワンセグがあれば契約が発生すると常套句のように言ってくるが、現在行われている裁判ではワンセグのような画質でテレビと同じ受信料を取るのはおかしいという見解を裁判官がすでに見せている。これに関してはほぼ勝ちだと立花孝は言っている。この裁判にもし立花孝が勝てば、テレビを持っていないのにワンセグで受信料を払ってきた人は返金の請求をNHKにガンガンできることになる。とんでもない判例となる。


立花孝はイラネーチケーというNHKの電波を受け取らない仕組みを作り、これを活用することで堂々と不払いをするという展開も考えており、これも裁判している。これに勝てれば、いよいよNHKはやばくなる。その特殊な機器を使えばNHKの受信を拒否することができ、受信料を払わなくてよくなる。NHKが今までスクランブルしなかったことが仇となる事態になるのである。


以前の船橋市市議会議員に当選した時、私は立花孝を見くびっていたと書いた。最近の彼の活躍も私の想像を遥かに超える成果をあげていると言える。もしかしたら、本当に彼はNHKを解体するかもしれない。


私が良く書くことなのだが、近年、世の中はゆっくりと確実に不合理な老害の支配から脱却し、自由競争の時代に向かっている。NHKだから絶対に潰れないとか、公務員は安定とかいう時代はすぐに終わる。今ならもしかしたら、ホリエモンはフジテレビを買収できたかもしれないし、不当に重い実刑を食らうこともなかったかもしれない。それぐらい、世の中は変わってきている。


そんな勢いを助長する立花孝の活躍をこれからも見続けていきたい。さすがに東京都知事選に勝つこたはないだろうが、いい戦いをして、全国にこんな活動をしてる人がいるんだとアピールしてほしい。


とにかく、政見放送、この日記を読んでくれた人がいたならば、是非立花孝の政見放送を見て頂きたい。