優良メルマガの購読が最大の自己育成

新年おめでとうございます。ということで、今年初めて文章を書く。年末年始は仕事漬けでほとんど正月気分を味わう事ができなかったが、そろそろ昨年の振り返りと今年の抱負を一応考えてみたいと思う。


昨年は個人的には平和な一年だった。安定していた分、ある意味面白みに欠けた年。良かったことは、色々な所へ旅行に行けたこと、両親との絆が少し強くなったこと、そして、貯金が増えたこと。昨年の今頃、私は一年の目標に貯金を増やすことを掲げていた。それに関してはなんやかんや無駄使いせず、目標は果たせたと思う。


悪かったことは、日記を書く習慣が無くなりつつあること、それ以前に様々な情報に触れる時間が激減してること、ジム通いが最近できていないこと。日記を書く為には、何かしらネタがほしい。そのネタとなる情報に触れる時間が昨年は非常に少なかった。原因はただ単に怠慢な心理、テレビもネットも見るのが億劫なぐらい疲れた気持ちの時が多かった。


仕事以外の時間に様々な情報に触れる事は実は非常に重要な自己育成である。特に現代は本すら買わずともネットで成功者の体験や思想に簡単に触れることができる。会社では経験則で当たり前だと思っていることも、他者から見れば当たり前では無かったり、全く意味のないことだったりする。そんな冷静な気づきを発見するためには普段から自分の会社や仕事に対して客観的な視点を持つことが必要であり、それを養う為には異業種の成功者の発信する情報に触れることが良い方法だと思っている。


そんな中でも私が一番オススメする自己育成の方法が有料メルマガを読むことである。


私はこれまで6つの有料メルマガに登録していたことがあり、今は4つになり、橋下徹のメルマガに登録しようか悩んでいるところである。大体は月間400円~1000円ぐらいで毎週一回は更新したメルマガが送られてくるシステム。人によって内容は様々であるが、私が現在も登録しているメルマガは非常に勉強になるものばかりであり、正直日経新聞読むぐらいだったらメルマガ読んでる方が世の中のことを分かるし、面白いと個人的には思う。しかし、意外と皆まだ知らない世界だから自己育成には非常に役立つのである。


と言いつつ、昨年はこのメルマガすらちゃんと読めてない時期もあったので、今年はその辺の習慣をきっちり正していくことを一年の目標にしたい。


ちなみに、私が登録している、したことがあるメルマガを簡単に批評してみたい。

個人的に好きな人

中島聡さん
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E8%81%A1


私が最もオススメするのが、中島聡さんのメルマガ。Wikipediaでもこんなに短い紹介しかない知る人ぞ知る人であり、私も正直メルマガ読み出すまでは何やってる人なのかあまり知らなかった。このメルマガの何が良いかと言うと、アメリカで話題になっているニュースや批評を独自の目線で解説してくれるところである。実際にアメリカに身を置く一流のビジネスマンだからこそ伝わる現地感が凄い。普段知る由もないアメリカのリアルを解説付きで知ることができるので是非オススメしたい。そして、日本はアメリカに対してあらゆることでどれだけ遅れているのかという事実を体感してほしい。


アマゾン、テスラモーター、アップル、Google、等アメリカのメガ企業の技術革新のスピードはとてつもない。アマゾンはすでにドローンで荷物を届けられるし、テスラの自動車はすでに自動運転のアプリを搭載できるようになっている。アップルやGoogleウェアラブルバイス(体に埋め込める電子機器)を商品化、コンビニも無人化、再生可能エネルギーが主流、日本はほんとに遅れている。

藤沢数希

こちらはWikipediaにすらページが無い謎多き人物である。が、その文章を見るだけでとてつもない知性を感じることができる。中島聡さんもそうだが、いつも記事を見て、この人なんでこんなに頭良いのと驚いてしまう。超有名外資系金融企業のお偉いさん
という噂もあるが、多分本当にそうなんだろうと思う。めちゃくちゃ仕事できそうだから。

彼のメルマガは大きく分けて2つの分野で構成されている。恋愛工学と金融(その他時事問題含む)。最初は恐らく多くの人が恋愛工学をメインにメルマガを登録すると思うのだが、この恋愛工学が侮れない。何故女性は誠実な男を振って、ヤリチンに騙されるのか、これまでの恋愛攻略の常識を生物学も絡めて真面目に否定する恋愛工学は振られた経験のある男なら誰もが納得する説得力に溢れている。ただし、恋愛工学を学べば学ぶ程、私は女性の男の見る目の無さにどこか嫌気がさして行った。男から見てかっこいい男はモテないようになってるんだなと。


ということで、私は藤沢さんのメルマガは恋愛工学意外の部分をメインとして見ている。どの分野でも非常に勉強になる考え方をするので常に面白い。また、このメルマガの最大のメリットは、読者の成功者率が異常に高い。経営者とか、役員とか、モデルと関係があるとか。質問コーナーに質問や意見してくる読者のリア充っぷりに嫉妬しながらも、読者からも学ぶことができるのはこのメルマガの大きな特徴である。


堀江貴文

ホリエモンはまぁ有名。私が様々なメルマガを登録するきっかけとなったのもこのホリエモンのメルマガである。かれこれ大学の頃から読んでる。正直上記2人に比べるとホリエモンは異端児というか、野性的で、ある意味親しみやすいところがあるのが不思議である。ホリエモンはこのメルマガを刑務所に拘束されている二年ぐらいの間もマネージャーを使い更新し続け、世界一刑務所の中で稼いだ人と言われている。


内容はオーソドックス。時事ネタを批評したり、使えるアプリを紹介してくれたり、読者質問コーナーがあったり。色々なコーナーがありボリュームがあるので、私は正直前半部分しか見ていない。が、勉強にはなる。


ホリエモンの何より凄いのはアーリーアダプターとしての才覚、未来予測。彼が世の中に出てきた当初、誰もが彼の言っていた事を真面目に聞いていなかったし、どこか変わりもんだと鼻で笑っていた。しかし、長い年月を経て彼の言った通りの時代になった。最近になって聞くことも多くなってきた、例えば『ビットコイン』『ベーシックインカム』『オキャラスリフト、VR』等はホリエモンはかれこれ5、6年も前から当たり前のように言っていた。今思えば、あの頃ホリエモンを信じてビットコインに投資しとけば今頃大金持ちになってたのになぁと少しは思うが、彼の動向を追っているだけである程度今後の世の中の事は予測できる。これは、ホリエモン以外のネットの著名人、例えばひろゆき東浩紀夏野剛さん等にも言えることだが、彼らは日本の中では少なくとも時代を作る側にいる。


他にもメルマガはたくさんあるのだが、特にオススメするのは上記三名かなと思う。本物のビジネスマンとそうじゃない人のメルマガは質が全く違う為、ある程度注意が必要でもある。ただ専門分野にいただけの人のメルマガはやはり勉強にはならないし、面白くない。  


今年はとにかく、登録しているメルマガはしっかり目を通す習慣を取り戻し、自己育成をしたい。そして、自分の考えも質問コーナーやこの日記を通して表現していきたいなと、一応抱負を述べておく。彼


おみくじは一応二年連続大吉だった。まだツキは自分にある。昨年よりももっと飛躍できる一年にしたい。