読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチンコ屋のサクラ、実在した

大阪のパチンコ屋の店長がネットで知り合った女性に自分の店の高設定台を教え、所謂サクラとして打ってもらう代わりに分け前の半分を貰うというナンパをしていたlineが流出した。これにより、パチンコ屋にサクラがいることがいとも簡単に発覚した。


http://gogotsu.com/archives/26142


この女性はグッジョブ!としか言えない。こういうハニートラップは今後世の中でどんどん流行ってほしいと思う。そして、私も微力ながらパチンコ屋撲滅の為にこういった記事を書き拡散することで協力したい。


問題は3つ。まずは今回の件でとりあえずスロットに関してはサクラというのは都市伝説でも何でもなく、実在することが判明した。ただでさえほとんど無い設定6という台が、実は店側が用意したサクラが占拠しており、店は売上を落とさないで他の客に対して出てる感を演出していた。サクラ側の人間も普通に働くよりも楽に金が稼げるし、今回のように店長が気持ち悪いナンパをしなければ、自分の利益の為にも口外することはないだろう。よって、このような事は全国津々浦々のパチンコ屋で行われている可能性が高い。


また、これも都市伝説であるが女性の方がパチンコ、スロットで勝ちやすいというのもあながち嘘ではなくなってくる。パチンコ屋の大多数の店長が男、しかもどこにも就職できない女性からも相手にされない男、今回のようにサクラの金を利用して女性をナンパしようとしている人も多いだろう。そういうやらしい欲求は抜きにしても、店側からすれば女性客を取り込めるし、店の印象も良くなるからサクラにするなら女性を選ぶ可能性は圧倒的に高い。そういった職業につきたいと思うのもいずれは結婚するから、仕事は繋ぎで良いという女性が圧倒的に多い。これらの事より、サクラはほぼ女性である可能性が高く、女性の方が勝っている印象が強くなる。


次に、パチンコ屋の店長クラスはやはりこのようなクズでもなれてしまうレベルだということが露呈した。私は常々パチンコ屋にいる客も、店員もクズだと言っているが、店長クラスにでもなれば少しはマトモなのかなと思っていた。しかし、やはり違った。今回の一連のラインのやり取りを見ていたら吐き気がする。気持ち悪い。不細工な顔で、社会的ステータスも皆無なおやじがよくこんな強気で会ったこともない女性にセックスを要求できるなと。普通の感覚ならば、lineなんて証拠が残るもので店長という立場の人間が、こんな事をしたらどうなるかというリスク意識を持てるはずだが、そんな事すらできない人でもパチンコ屋の店長にはなれてしまうようだ。そして、こんな男を出世頭として旗揚店として店長にしてしまう会社の体質。酷い。


そして、パチンコの方は実際どうなのか。スロットと違い、パチンコは設定なるものは存在しないはずであり、あくまで運と釘(違法だが)の勝負となっている。その釘がそもそも客が勝てるような状態にはなっていないし、運にあたる台のスペックも年々悪くなっている。それだけでも客が勝てる要素は無いのだが、それに加えて設定なるものがあったらもはや出来レースもいいところ。そんな設定、大当たりの制御があるのかはっきりしそうな規制が密かにされており、静岡のパチンコ屋が摘発された。


http://blog.livedoor.jp/slotmania222/archives/1064134112.html


この摘発は所謂ベース30規制というものに違反してされたもの。要は1000円で最低限このラインは回転するような釘の台しか作ってはいけないという規制。メーカーは一応その規制通りに検定を通している為、店でその基準通り回らなければ店が違法な釘調整をしてるんでしょという規制。この規制により旧基準の台は昨年撤去されており、今店にあるほとんどが新基準台、本来であればそれらの台は全てベース30回るようになっていなくてはならない。


このベース30というのがミソで、もし本当にその回転数回れば、新基準台のボーダーを大きく越える回転数になるため、客の勝率は大きく上がる。全然勝てる。そのため、全国のほぼ全てのパチンコ屋はこの規制を違反して釘を締め上げている。今回、警察が本気になり片っ端から摘発して釘を基準通りにしていったときがパチンコの本当の闇も暴かれると思う。まぁ、警察は本気にはならないんだけど。


ベース30回る釘になり、店の利益が横ばいであればそれはもう設定、出玉制御は確定である。今までよりたくさん回るようになったから今度は設定で当たりにくくする。今まで以上にハマりが大きくなり、もしかしたら、大当たりのラウンド振り分けでよりわかりにくくするのかもしれない。とにかく、釘が回るようになっているのに、店の利益が減らなければ遠隔の実在も確定である。



長々と書いてしまったが、何故私がパチンコ屋の事を定期的に書いてしまうかというと、やはりパチンコ業界こそ日本の最大の癌だと思っているからである。パチンコにハマり人生終わった知り合いもたくさんいるし、街でパチンコ屋を見かけて客が多いと腹が立つ。東日本大震災の時も普通に馬鹿みたいな電気使って営業してたのを見てさらに嫌いになった。さっさと片っ端から潰れてほしいのである。

これからも、パチンコ屋にとってマイナスなニュースがあればどんどん記事にしていきたいと思うし、何人見てるかわからないが、私の記事を見て少しでもパチンコ屋に行く人が減ってくれればと願う。