読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017選抜高校野球の勝敗予想

今年も球春到来、プロ野球オープン戦が始まり、4年に1度のWBCも予選ラウンドが終了、そして来週にはいよいよ選抜高校野球が開幕し一気に春らしい季節になる。WBCについてもいろいろ書きたいが、今回は野球の中でも最も好きな高校野球の組み合わせが決まったのでそちらに関して勝敗予想をしてみたい。


勿論、賭博ではなくてただの自己満足、大会前にある程度予想することで自分と縁の無いチームを応援したりという楽しみも生まれる。それでも、今回は突出したチームがおらず、初戦から実力伯仲の対戦が多くとても予想が難しい。今回は全試合予想してみる。


03/19(日)
至学館(愛知) vs. 呉(広島)×
→近年の中国地方の不振を考慮
×日大三(東京) vs. 履正社(大阪) ○
→東京2校は過大評価気味。履正社も初戦は硬さもありもつれるかもしれないが、打力の差で打ち勝つだろう。
×熊本工(熊本) vs. 智弁学園(奈良)○
→熊工のエース山口君は今大会最速も制球に不安、智弁打線は大会屈指の攻撃力で攻略できる。

03/20(月)
高岡商(富山) vs. 盛岡大付(岩手)×
→今回は東北は少しレベルが落ちる印象。高岡商投手力あり、力がある。
報徳学園(兵庫) vs. 多治見(岐阜)×
→初戦に弱い報徳だが、21世紀枠相手に辛勝。
×中村(高知) vs. 前橋育英(群馬)○
投手力前橋育英が有利。

03/21(火)
×創志学園(岡山) vs. 福岡大大濠(福岡)○
→ロースコアの接戦となるが福岡が粘り勝ち。  
東海大市原望洋(千葉) vs. 滋賀学園(滋賀)×
滋賀学園エースの神村君の調子が不安。棚原君先発ならば互角。
×健大高崎(群馬) vs. 札幌第一(北海道)○
→今年も健大は東北、北海道勢に足下をすくわれる。自力も札幌が上。

03/22(水)
福井工大福井(福井) vs. 仙台育英(宮城)×
福井工大の打線は侮れない。今大会ついにブレイクするか。
○高田商(奈良) vs. 秀岳館(熊本)×
→期待を込めて。秀岳館は昨年ほどの打力はない。高商の古川投手がはまり奇跡の金星をあげる。
作新学院(栃木) vs. 帝京五(愛媛)×
→今年の関東勢は微妙だが、くじ運が良い。意外と接戦になるが最後は自力で作新。

03/23(木)
×東海大福岡(福岡) vs. 神戸国際大付(兵庫)○
→神戸国際は投打ともに高いレベルにあり、無難に勝つ。
早稲田実(東京) vs. 明徳義塾(高知)×
→早稲田は脆いが明徳はやりやすい相手。清宮君爆発、明徳は早稲田のマシンガン継投に手こずる。
○静岡(静岡) vs. 不来方(岩手)×
→東北受難の大会。21世紀枠も全敗かな。

03/24(金)
×宇部鴻城(山口) vs. 大阪桐蔭(大阪)○
大阪桐蔭は来年のチーム・・と思いきや、今大会完成された強さを発揮。根尾君が投手として本格始動。

二回戦
×至学館(愛知)vs履正社(大阪)○
智弁学園(奈良)vs 高岡商(富山)×
×報徳学園(兵庫)vs前橋育英(群馬)○
福岡大大濠(福岡) vs東海大市原望洋(千葉)×
×札幌第一(北海道)vs 福井工大福井(福井)○
×高田商(奈良) vs作新学院(栃木)○
神戸国際大付(兵庫)vs早稲田実(東京)×
×静岡(静岡)vs大阪桐蔭(大阪)○

ベスト8
×履正社vs智弁学園
×前橋育英vs福岡大大濠
福井工大福井vs作新学院×
×神戸国際大付属vs大阪桐蔭

ベスト4
×智弁学園vs福岡大大濠
×福井工大福井vs大阪桐蔭

決勝
×福岡大大濠vs大阪桐蔭

ということで、私の今大会の優勝予想は大阪桐蔭。下級生主体であるが、案外そういうチームは怖いもの知らずで力を発揮しやすいし、元々のポテンシャルはその代では頭2つぐらい突き抜けているメンバーが揃っている。そして、夏は履正社に負けて甲子園出れないという。近畿が強いのかなという予想だが、東京2校が前評判通り、特に日大三履正社に勝つようなことがあれば私の予想は全体的に大はずれとなるだろう。

注目チームは福井工大福井福岡大大濠福井工大は打線の力で旋風を起こしそう、福岡大大濠のエース三浦君はいかにも春に勝ちそうな実践的な投手。

そして、私の地元の奈良2校はなんと熊本2校と初戦で対戦。組み合わせ少しは考えてほしいところであるが、智弁も高商もやりにくい相手を引いたという印象。ただし、智弁学園の攻撃力は今大会屈指であるし、投手力も左腕の岩井君の使い方次第では充分やっていける。智弁学園は恐らくそれなりに勝つだろう。


高田商はきつい。秀岳館は隙がない。もしかしたら大敗もあるかもしれないが、エースの古川君がハマればおもしろいし、打線も3、4は取れる力はある。昨年程の強力打線ではないから、勝つつもりでしっかり戦ってほしい。


何はともあれ、いよいよ球春到来。今年も楽しみな
季節に入った。