2017夏甲子園終わる

今年もあっという間に甲子園が終わってしまった。私は仕事が忙しくついに現地に行くことはできなかったが、広陵の中村選手があの清原のホームラン記録を塗り替える等、とても印象に残る大会となった。


私の予想はものの見事に外れた。何から何まで外れて、もう試合ごとの予想は辞めようと思うのだが、唯一当たったことが出身の奈良代表天理のベスト4。今回の甲子園も天理の試合だけは録画して全試合見させてもらったが本当に感動した。秋、春と奈良大付属に歯が立たず智弁学園への挑戦権すら獲得できなかったチームが、若い中村監督のもと試合を重ねるごとに力強くなった。奈良予選は堅守のチームだったが、甲子園に来て何より素晴らしかったのがエース碓井君と坂根君両投手の成長。彼らの予想を超える活躍が無ければ、今回の躍進は無かった。碓井君は本当にお疲れ様、坂根君は新チームのエースとして江原君や期待されて入部した川上君と投手王国を築いてほしい。


昨年センバツ智弁学園の優勝、そして期間を開けず今回の天理のベスト4。奈良出身で奈良の高校野球を愛する者としてはこの数年本当に感動をもらっている。まだ気が早いが来年もこの2校には期待が持てる。智弁学園は主力のほとんどは引退するが、二年生投手の伊原君、川釣君は技巧派と本格派の実力がある二枚看板で全国レベルでも充分活躍できるだろう。野手は一年生に期待、夏すでにレギュラーを獲得した坂下君はセンス抜群、他にも中学時代の肩書きは素晴らしい選手が集まっている。天理はこの夏レギュラーだった太田君、宮崎君が健在、さらに主力投手の坂根君も残る為秋は県内ではダントツの優勝候補となるだろう。


来年は第100回の記念大会となる為、大阪桐蔭履正社智弁和歌山報徳学園といった近畿の強豪の戦力も凄く、それらを突破しない限りとりあえずセンバツ切符は獲得できないが少なくともどちらか1校はきっとやってくれるだろう。


今回の甲子園の優勝は埼玉の花咲徳栄。私は新入社員の時埼玉で働いていて埼玉愛も強い為こちらも嬉しかった。ベスト8が決まった時点で天理がダメなら花咲徳栄に優勝してほしいと思っていた。しかし、これで夏は三年連続関東から優勝校が・・。春は近畿が強いのに夏になると面白いように力が逆転するのは指導者の力量なのだろうか。好投手に強力打線、本当に関東の高校野球はレベルが高い。


しかし、言う必要はないのかもしれないが、今回の大会、さすがにボール飛びすぎだった。明らかにおかしい挙動でプロ野球だけじゃなく高校野球でもこんな事起きるんだなと。清宮君を主役にしたかったのだろうが、皮肉な事に全くノーマークだった広陵の中村君があの清原の大会記録まで超えてしまうという結末に。中村君は紛れもなく素晴らしい選手、それでもさすがに今回ホームラン全体的に多すぎであった。高校野球だから、新記録も出て盛り上がったから良いで終わるのではなく、ボールの件に関してはしっかりと大人が調査してほしいと思う。清宮君の為にボールを変えたのであれば、それはやっぱりなんか違うんじゃないかと個人的には思う。


でも、清宮君と中村君が同じチームでプレーするだろうU-18の世界大会は楽しみだなぁ。