男はつらいよ 私の夫は仕事ができない

先日たまたま見た私の夫は仕事ができないというドラマの最終回が妙に心に突き刺さった。私はまだ子供はいないが、世のお父様方の仕事、家庭の板挟み、結婚してからというもの痛い程わかるようになった。男はつらいよ、こんなことを言うと嫁にも世の中の女性にも批判されることになるだろうが、あえてもう一度、男はつらいよ



この度、1週間程仕事を休みリフレッシュさせて頂いた。いつも連休と言えば、各地域に分散している友人達に会ったり地方に旅行に行ったりすることが多く、連休中に何人の人と会えるかというのが目標のひとつとなっていたのだが、今回は結婚して初めての連休ということでこれまでとは全く違うスケジュールとなった。連休の出来事や感じたことを簡単に書き留めておきたい。

まず、一番揉めたのが初日。連休に入る為に一週間分の仕事を前倒しで行った為、連休前は帰りがかなり遅くなった。その時点でかなり不穏な感じになっていたのだが、初日私は友人とゴルフに行く予定を建てていた。この連休で唯一の自分が嫁といない予定だったのだが、不穏な空気のまま朝早くからゴルフに行き、帰ってきてから案の定喧嘩に。その喧嘩もありこの後の予定では嫁をとにかく第一にしないとな~と心の中で違う。

次の日、結婚指輪を作りに行った。色々考えたが、私達は手作り指輪にすることにしていた。これは良かった。三時間程掛けて型作りが終了。とてもうまくできた為、1ヶ月後の仕上がりが楽しみだ。

f:id:fidelity_getover_obstruction309:20170918132413j:plain

その日は住まいの近くの遊園地にも行って、花火も見れた。

次の日は旅行の準備と27時間テレビ27時間テレビは今回生放送を辞めて収録繋ぎだったのだが、全く面白くなかった。歴史というテーマで奈良出身芸能人が集まるという奈良テレビでも見ているのかと思う内容であったが、奈良出身の私ですらあまり盛り上がることもなく・・数字もジャニーズの24時間テレビに惨敗。改めてフジテレビの終焉を再確認できた。同じ面白くないなら、イケメン、美女が出てる24時間テレビの方が断然良い。ジャニーズ集めるのが正解。


次の日、恐らく三年ぶりぐらいのUSJ。私が知っているUSJと言えば、完全に落ち目でほとんどのアトラクションが30分ぐらいの待ち時間で乗れたのだが、そこからハリーポッター、ホラーナイト等で息を吹き返し多くの客で賑わっていた。人気のアトラクションは三時間待ち。平日で。う~ん、人気と行ってしまえばそれまでなんだけど三時間はきつい。三時間待ってものの五分ぐらいで終わる乗り物。ディズニーはそこまで並ばないし、接客レベルにも大きな差を感じた。乗り物よりもお化け屋敷やホラーナイトがあまり並ばなくて良かった。とはいえ、久しぶりのUSJを楽しむことができた。

f:id:fidelity_getover_obstruction309:20170918134325j:plain


大阪で一晩泊まり、長野県へ向かう。阿智村の日本一の星空を見に。当日は昼間雨が降っていた為サイトの満天率が5%とかなり懸念されたが、夜には雨も止み、綺麗な星空を見ることができた。ロープウェイで山頂に登る為かなり寒かったが、大自然の中で見る星は格別で感動した。その後温泉に入り翌日はビーナスラインを通って八ヶ岳諏訪湖を堪能。ちなみに、諏訪湖は君の名はのモデルになった湖のようです。

f:id:fidelity_getover_obstruction309:20170918202618j:plain

f:id:fidelity_getover_obstruction309:20170918202716j:plain


そこから、3日間は嫁の実家の三重で嫁の両親や友人と過ごした。ひたすら挨拶まわりのような感じで本当に結婚したんだなーと実感。皆が喜んでくれている笑顔を見ると結婚生活の全ての不満なんて吹っ飛ぶぐらい嬉しかった。同時に結婚は2人だけの問題じゃ済まないんだなと改めて考えさせられた。


というわけで、充実した連休を過ごせた。明日から仕事なのだが、もう働きたくない、という気持ちである。


さてさて行き当たりばったりの内容になってしまっているが、この題名の通り、この3、4日だけで男はつらいよと嘆きたくなる瞬間は幾度もあった。例えば、今回であれば連休の大多数は嫁の為にと思ってスケジュールを組んでいた中、たった1日のゴルフで周りから批判された。たった1日、自分が逆の立場ならば何とも思わないのに。


転勤に慣れている自分にも地元はあるが、今回はずっと嫁の地元にいた。それでも帰る時には帰りたくないと駄々をこねられる。地元なんて学生の時には離れてしまった自分にはその地元愛がよくわからない。


専業主婦で1日何をしていいかわからない、辛いと自分がいる前で他の人に愚痴られる。

自分の友人と会う時間が劇的に減り、仕事の相談や話をできる人も時間もなくなる。今まで仕事に掛けていた時間や熱意がどんどん家に向けられていく、ように周りは当然のように思っている。

職場では職場で、そんなこと関係なく今まで以上に成果を求められる。

嫁には働きたいなら家事を分担する、やらなくていいと言っても微妙な反応。料理をしようにも台所が散らかるからと門前払い。


世の中のお父さん、本当にすげー!と心から思う。勿論、基本的には楽しいし幸せなのだけど、1人では到底抱えることがない細かいストレスが常につきまとう。結婚しようが他人は他人、自分の人生なんだから自己責任でしょうと思っていたが、そんな簡単にはいかないようだ。


だから離婚したいとかではなくて、嫁のことも愛しているのだけど、今回の連休で世の中の旦那さんは本当に凄いなと実感した。ただそれだけのことなのだけど、日本中のおじさん達に世の中はもっと敬意を示すべきだと、最近の女性が強い社会に強く言いたい。