AI時代に必要とされる人間とは

ここ数年、 自動化、機械化はずっと経済の話題の中心となっており、いよいよテレビ等でもそういった話題を紹介するような時代になってきた。


日本は周回遅れだが、例えばアメリカではテスラの自動運転車が日々進化を遂げ高速道路ではすでに運転者はほぼハンドルを握らなくても良い。アマゾンは自動倉庫だけでなくレジがいらないコンビニを先日ついにオープンさせた。中国でもネット会計が90%になりレジに人間が必要なくなるのも時間の問題。世界は物凄いスピードで変化を遂げている。


自動運転により物流に携わる人間が、レジの消滅によりいわゆるチェッカーが、必要なくなる。そもそも、中国のように現金を使うことが悪だという社会になれば銀行の仕事等ほとんど必要なくなるし、超絶ブラックな環境で賄われている飲食業界等も機械化で多くの人間を削減することができる。


買い物もアマゾンだけでなくほとんどのブランドのものをネットで買える。企業側からしても店舗で買われるよりも通販の方が利益率が良いので、これからはネットで購入するお客様にはどんどんお得なセールを打っていき、世界中のほとんどのリアル店舗は今の昭和の商店街のように死んでいくこととなる。


恐ろしい時代になったものだとつくづく思う。現金とか消えてしまえ、と常々書いてきた私も正直もうこれ以上世の中便利にならなくて良いよって考えてしまう。便利になればなるほど、機械化が進めば進む程、あぶれる人が出てくる。ハッピーではなくなる人が増えてくるのだ。


AI化により、多くの人が職を失い、多くの伝統企業は消えてなくなることはほぼ間違いないと思うのだが、そういった時代に必要な人間ってどんな人って考えてもなかなか答えは出ない。

時間を持て余した人が多くなるから、例えば芸能人や娯楽等の需要は増えるから人々を楽しませることができる『特別な人間』はもちろんこれまで以上に必要とされる。

では、そうではない大多数の人間は?


私は今管理職で多くの部下を抱えているが、果たして私の仕事は機械ではできないのか?と言われると、正直そんなことはない。機械の方が膨大なデータをもとに間違いないのない判断ができるし、私に特別なカリスマ性があるわけでもない。ただ、若い人よりも経験・・があるだけ。


ただ、ひとつ。これからの時代は人に好かれる人が生き残っていくんだろうなとは漠然と思う。


30歳になり、自分が今の立場にいるのは本当に多くの人が自分を気にかけ、見込んでくれたからだと昨日実感する出来事があった。このような人間関係の喜び、いわゆる人間らしさ、というのがこれからの時代のキーになるに違いない。

ならばどうするかと言えば、自分自身が人を好きになること。そして、周りの人の為に生きることしかないのだと思う。


生態系が変わると言っても言い過ぎではないこれからの10年。くしくも平成という時代も終わる。生態系が変わると絶滅する種族が現れるが、私は別に長生きしたいわけではないが、生きているうちはどうせなら楽しく生きたいものである。


とんでもない時代になったものだ。