Aqua Timez 解散

またまた久しぶりの日記となる。

今年は仕事面でもプライベートでもここまで激動の日々を過ごしており、あっという間に半年が経った。そんな中、私にとって上半期最大の悲報となったのがAqua Timezの解散である。


いきなりの悲報だった。携帯を開いた待ち受けのトップニュースにいきなりAqua Timez、解散と出てきたのである。私の携帯にはエモパーという人工知能が入っているのだが、私の興味のあるニュースをいち早くいつも知らせてくれる。今回も解散が決まってすぐエモパーが知らせてくれた。


まさか、というわけでも実は無かったがショックは意外と大きかった。解散発表のちょっと前に発売されたアルバム「二重螺旋のまさゆめ」は最高傑作と言っても言い過ぎではない楽曲ばかりであったし、私はこのクオリティの楽曲を作り続けていけば、必ずもうひと花咲かすことができると信じていたからである。ここで辞めるのかよ!もう少し夢見させてくれよ、とただただ残念であった。


私はAqua Timezファンになってかれこれ10年程になる。ブレイブストーリーの「決意の朝に」で興味を持ち、ごくせんの「虹」でドハマリ、そこから過去の楽曲を聞き、彼らの世界観にどっぷり浸かり、低迷を続けるこの近年もCDやDVDは買い続けて、影ながら彼らの活動を支えてきた。


どのアルバムも、どの楽曲も好きというのは彼らぐらいである。初期の独特の世界観も近年の幅を広げた楽曲も、本当に素晴らしい。


そんな彼らもついに解散。原因は色々あるのだろうけど、そう簡単に受け入れられることではないけれど、一言だけ言うならばとにかくお疲れ様と言いたい。結局、彼らの最大のヒットはデビューアルバムの「空いっぱいに奏でる祈り」となったが、鳴り物入りでデビューして、いきなり順風満帆なスタートをしたことが逆にその後のプレッシャーになっていたのかもしれない。ファンからすれば、初期の楽曲も確かに良いが最近のクオリティも全く負けていない、しかし、いかんせん売れなかった。もっと評価されるべき、いつか必ずまた日の目を見る日が来る、私を含めてファンはきっと信じていたに違いない。バンドのメンバーもそう信じて必死に戦って来たが、もう限界だと感じてしまったのかもしれない。

心配は太志の体調。今年のライブでも歌えないような状態で途中で終わってしまったこともある。何とか、何とか、最後の横浜アリーナでのlast danceは悔いの残らないように成功させてほしい。神様、お願いします。


最近ではYoutubeでも彼らの全曲のサビメドレーなどの動画が増えてきた。最初から最後まで聞くとジャケ写も懐かしすぎて泣きそうになる。ほんとにしっかり作られた楽曲ばかりなのである。


最後にラストライブに向けて、これは歌ってほしいなという個人的に好きな曲ランキングを勝手に作ってみる・・。AquaTimezのことをあまり知らなくてもし、興味がある人は是非とも聞いて頂きたい。(もう彼らから新曲が発表されることはないが・・)
完全に個人的好みなので悪しからず。


10位 白い森
基本的に壮大なバラードが多いアルバムラスト曲の代表的な作品。こういう曲は彼らにしか作れない。

9位 希望の咲く丘から
デビューアルバムの最初の曲。こういう少し暗めでかっこいい曲も彼らの真骨頂。

8位 たかが100年の
最新アルバムのリード曲。ラストライブでは恐らく歌われないと思われるが、本当にハマって今年聴きまくった曲。

7位 生きて
シングルの中でも大分好きな曲。このクオリティで売れなかったのは私的にもきついなって思った。

6位 月のカーテン
あと少し、少しだけそばにいてほしい。カップリンですが心に響きます。

5位 last dance
多分歌うのでしょうが、最後の最後の曲。良い曲だけど、解散が決まった後は思いが詰まりすぎてて聞くのが辛い・・。

4位 青い空
アルバムラスト曲は本当に全部AquaTimezらしくて好き、優しい歌。

3位 最後まで
最後までⅡも好きだけど、最後まではもっと好き。久しぶりに聞きたい。

2位 手紙返信
これは本当に歌ってほしい、そして歌われたら確実に泣く。

1位 歌い去りし花
かなり悩んだランキングでしたが、1位は別格でした。AquaTimezの中でも最も好きな曲。そして、AquaTimezってどんなバンドって言われたらこの曲が全て象徴していると言えよう。少し暗くて、前向きで、かっこよくて、壮大で・・。是非最後に歌ってほしい。


もちろん、超メジャーな決意の朝に、虹、等身大のラブソング、も歌ってほしいけども、last danceだからこそ、ファンのためにある程度マイナーな曲も歌ってほしいとも思う。というか、全部好きだからやはり選べない、考えれば考えるほどまだまだやれただろうよと悲しくなる・・。


最近、大人になんてなりたくない、って思うことが本当に多い。自分の人生は精一杯、がむしゃらに生きている分、衰えや歳とったなぁって感じることは実は少ないが、野球で言うなら松坂世代安室奈美恵の引退等が来ると、本当に大人になんてなりたくないと思う。


AquaTimezの解散はもはや避けられない。現実を受け入れるしかない。あと2ヶ月、何度も私の苦悩を救ってくれた彼らにできることは果たしてあるのだろうか。