カルロス・ゴーンは無実だ

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58626

日本は一体どこへ向かっているのだろうか?今回の日産の一件、まさに日本の老害が世界に恥をさらしている状況になってしまっている。あのホリエモンが無実の罪で逮捕されたあの時から全く変わっていない。結局、ゴーンは解任され、ルノーと日産は決裂。寡占独占でしか生きていけないこの超競走、グローバルな時代に日産が取った今回の行動はまさに具の骨頂と言えるだろう。ルノー側としては日産との協力体制を強めて、トヨタGM、テスラとの超厳しい競走に備えようとしていただけなのに、日本人は外資が日産を食い物にしようとしてる、ゴーンが会社を私物化している、と検討違いな感情論で喚き、騒いでいる。

会計的になんら問題がないのは、これまでのルノーと日産の関係や経緯から上記記事にまとめられている通り、ワールドスタンダードでは明白。そもそも、日本人は会社を誰のものだと思っているのだろうか?従業員のもの、社長のもの、お客様のもの、そんなわけはなく株主のものである。過去に日産をルノーが救済しようとした際、日産株をルノーに讓渡した時点で今回のような事態になることは予想しておかなければならなかったし、今回のようなやり方は日本の恥、としか思えない。


こんな事で失脚させられるなら、ビジネスで偉くなんて誰もなりたくない。世界的に有名な企業の会長がちょっと別荘もらったり、会社の金で楽しんでいたとしても、それぐらい許してもらえないと仕事量と割に合わない。夢がなさすぎる。


既得権益、今の日本のご年配の方々はこれを守るためならなんでもする。それで日本中の人々が世界から馬鹿みたいな扱いされようが、多くの若者が虐げられようが関係ないのである。これは企業だけでなく、政治にも、日常生活にも言えることで、誰も本当に日本の未来のことなど考えていない。ただ自分が生きている間、今さえよければそれでいい。そこにはいわゆるサムライのような潔さは全くない、そんな規制や反対だらけの中世界を変えようと必死に戦っている若者の方が余程日本人らしい。



安倍首相はよくやっていると思う。それでも周りの老害やアホなマスコミのせいで、どんどん日本は生き辛くなっている。

私は31歳になり、残業代もでないいわゆる管理職になって1年以上になるが、確かに最近の若者は・・と思うことはたくさんある。しかし、そもそもこんな日本の状態で、若者の努力が多数を占める年配層の既得権益の為に潰される日本で、世界との競争力を失い検討違いな保守的な方向性しか示せないリーダーしかいない社会で、誰がなんの為にがんばろうと思えるのだろうか?頭の良い若者はみんな海外に行ってしまうか脱サラするよ。


日本は東京オリンピックが成功しようがしまいが、先進国としてはオワコンである。ヨーロッパのように発展することを諦め、働かなくても生きていけるような社会保障の国に生まれ変わるしかないがその為に割を食うのはどうせ若者。そんなハードモードで生き続けるためには裸一貫になっても稼げるような技術、経験を積んで個人で自分の生活の為にがんばるしかない。31歳、本気で人生を考える分岐点である。